巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

地方新聞はどれくらいシェアをもってるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

地方紙のシェア率高し

[拡大写真]

地元住民しか知らないマニアックなCMがある。筆者の生まれ育った岐阜県では、中学生くらいの女の子が、「今日わたし誕生日、献血しよう」といい、それに対して友達が、「駅前に、献血ルームがあるよ」と提案し、視聴者を献血へといざなうCMがあった。関西に移り住んではや数年、筆者の周りにこのCMを知る人はだれもいないが、これを読んでいる中で知っている人、だれかいますよね? ね?

そして、CMと同じように、地方にはそれぞれ独自の新聞がある。旅行にいったとき、旅館に見慣れない新聞が置かれており、思わず手に取ってしまうのは筆者だけではないに違いない。ところでこの地方新聞、地方ごとにどれくらいのシェアを持っているのだろうか? 気になって調べてみると、『今がわかる時代がわかる日本地図(SEIBIDO MOOK)』に、各都道府県における新聞のシェア率が掲載されていることを発見。見てみたら、とってもおどろいた。

何におどろいたかというと、地方新聞が、かなりシェアをもっているということだ。

まず、地方新聞のシェアが日本でもっとも高いのは、徳島県。徳島新聞のシェアが、なんと82%にものぼるらしい。それ以外で高いのは、石川県(北國・富山新聞70%)、福井県(福井新聞79%)、鳥取県(日本海新聞76%)など。その他、地方新聞のシェアが50%以上を占めていたのは、47都道府県中、22もあった。さらに、地方新聞が最も高いシェアを占めていた都道府県は、47都道府県中、37にものぼる。
関連キーワード

ライター情報: 珍満軒/studio woofoo

高校生に間違えられるロリータフェイスでありながらB89W69H88の肉体を持つグラマラスライター。身長174センチ、体重55キロ、男性。

2009年1月16日 10時00分

注目の商品