巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

子どものための「昆虫食」の本が出た

ライター情報:田幸和歌子

子ども向けに、「昆虫食」のことをまじめに考えた一冊です。

以前、イナゴの記事をコネタで書いたことがあるが、自分のように長野出身で「イナゴの佃煮」を家で作っていたような環境にあっても、自分では食べない……という人は案外多いもの。
まして今はイナゴなど、食用になる虫もずいぶん減っているし、虫そのものに触れる機会も少なくなっていて、「虫を触れない」なんて子どもも少なくないかもしれない。

ところで、そんな「昆虫食」に関する、子どものための本が出た。

『虫はごちそう!』(小峰書店)だ。

タイトルからわかるように、「虫を食べる=ゲテモノ」的な発想からはほど遠い。また、私がよく他県の人に言われる「長野の人って虫を食べるんでしょ。海がないから、魚とれなくて、たんぱく質がとれないもんねー」的なスタンスでもない。

著者は、これまで20カ国以上を訪れ、昆虫食の研究を続けてきた立教大学の野中健一先生。東南アジアのラオス、アフリカのカラハリ砂漠、日本の岐阜などを中心に、自然と人間との様々なかかわりが描かれた本である。

「虫はおいしいから食べられているのです。『ほかに食べるものがないから食べている』『貧しいから食べている』というものではないのです」と編集部の渡邊航さん。
たとえば、同じ量の肉よりも高い値段で売られ、コクのある味が外国人観光客に人気というコオロギ。私も仕事で食べたことがあるが、唐揚げなどにすると、本当に美味しかったのを記憶している。
また、サナギになる直前の、糞を出し切り、最も脂がのったタイミングを見計らって採られるフンコロガシの幼虫(ラオス)。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年12月25日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品