巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

蚊の発生時期は年々早くなっている?

ライター情報:田幸和歌子

今年もまた蚊の季節が……。

今年、自分が蚊に刺された「初日」は5月末だった。

そういえば、「蚊の出る時期って、年々早くなってない?」と言う人は多い。温暖化の影響で……などとも聞くが、実際にそうなのだろうか。フマキラー・マーケティング部に聞いた。

「確かに温暖化の影響もあるかとは思いますが、蚊は15℃以上で行動を開始し、26℃以上で吸血活動を行います。そういった意味で、蚊が出没する時期が早くなっているのかもしれません」

フマキラーの蚊の関連商品は、「予防商材が売れ筋」ということで、売れ始める時期は「気温によって違う」ということだけど……。実際、蚊が発生し始めるタイミングは、どんなときなのだろうか。たとえば、「○度以上の日が何日か続いた後」など、条件はあるのだろうか。
「虫は自分で体温を作れませんので、やはり暖かくなってきたらということになります。なおかつ、ボウフラは水溜り等に発生しますので、『雨が降って、気温が高い日』というのが、ベストと考えます」

蚊の出没時期と気温の高まりとは実際に関係していそうだけれど、その一方で、気になるのは「蚊の出る時期が早くなっているのではなく、年中活動できる種類の蚊が増えている」という可能性だ。
もしかしてそういったこともあったりして?
「地下鉄、地下街等でまれに蚊がいたなんて話を聞くこともありますね。確かに年中活動、繁殖できる環境になりつつあるとは思います」

また、蚊の発生時期の早まりを実感していると言うのは、ある獣医さんだ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年6月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品