巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

秋の神戸美食巡り 神戸酒心館へ

酒ソムリエの湊本さんの解説と共に試飲を楽しむ。それぞれの個性が美しい福寿のお酒。左から右へ、食前から食中、そして食後の順番に並ぶ。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

秋の神戸。神戸の美食巡りのモデルコースに必ず含まれているのが灘五郷、全国で知られている酒どころである。
筆者は、静かな性格の日本酒の深い「味」について知るのは、難しいと思っていた。ところが酒ソムリエにエスコートされ、踏み込んだ日本酒の世界は明解。日本酒が判る楽しさは半端ではない。

灘五郷の一つ、「神戸酒心館」(兵庫県神戸市灘区御影塚町1-8-17)は、創業1751年の灘の酒蔵に、お酒と共に文化を楽しむことができる場所として、1997年12月にオープン。料亭「さかばやし」の食、「豊明蔵」で催される音楽や落語、そして「東明蔵」でのテイスティングを通し、日本酒が判る楽しさを経験できる場所となっている。一日ゆっくりとできる場所として、紹介させていただきたい。

まずは蔵直売店「東明蔵」へ。酒ソムリエの湊本雅和氏をはじめ、酒匠、きき酒師の丁寧で面白いお酒の話に耳を傾けることにした。食前酒から前菜、食中、そして食後に合うものを、解説と共にいろいろなお酒をテイスティングさせていただけるのが嬉しい。

「杏の香りがしますよ」。そう言われて試飲したのは『福寿 純米大吟醸』。なんて繊細な香り! ふくよかでフルーティーな風味に驚嘆。「次はホワイトチョコレートの香りです」と説明を受けたものは、伝統手法で仕込まれた『福寿 きもと純米酒』。甘い香りとなめらかな味わいが絶妙。そして「チェリーっぽい香り」がする量り売りの『福寿 純米生酒』。
関連キーワード

ライター情報: W. Season/studio woofoo

芸術家。趣味:旅、つくること、ダイビング。

URL:http://www.studio-woofoo.net/

2010年10月23日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品