巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

若手歌舞伎役者、坂東巳之助・坂東新悟のブログのイラストがちょっと変だ

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『清須会議』(三谷幸喜監督)への出演をはじめ、活躍の場を広げている坂東巳之助さんと、渋谷・コクーン歌舞伎 第十四弾『三人吉三』で十三郎役を好演した坂東新悟さん。大注目の若手歌舞伎役者の2人は、歌舞伎の新しい世界観を伝えるイベント「歌舞伎いまじナイト」を7月15日に開催。難しいイメージのある歌舞伎だが、お二人のブログに書かれている文章の内容やイラストが変わっているということで一部ファンの間で話題となっている。せっかくなので、謎の多い若手歌舞伎役者の生活などについて伺ってきた。


▲坂東巳之助さん(左)、坂東新悟さん

──歌舞伎役者というのは、どのような日常を過ごされていますか?
坂東巳之助さん(以後、巳之助さん)「休日に限っていうと、寝ていますね。お昼の12時くらいから、そろそろ起きないと1日に申し訳ないなあと思いつつも二度寝、三度寝して、最終的に起きるのは午後の1時半くらい」
坂東新悟さん(以後、新悟さん)「まったく一緒です……あれ? ちょっと待ってください。これだと“歌舞伎役者はぐうたら”って思われてしまいませんかね(笑)」
巳之助さん「我々だけはということで(笑)」

歌舞伎の舞台では、夫婦や恋人カップルを演じることもあるという巳之助さんと新悟さん。プライベートでも仲がいいという2人は息がぴったりで、取材はお二人の軽妙な掛け合いでスタートした。歌舞伎役者の日常は稽古が忙しく、十分な睡眠がとれていないのだろうか?
巳之助さん「全然。
関連キーワード

ライター情報: イナガキアキラ

雑誌やウェブサイト、企業のPR媒体などのエディット・ライティングをフリーランスでやっています。コンビニなどで売っているお菓子の研究が趣味で、宇宙にぞっこんです。

2014年7月11日 08時45分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品