巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

臭いと噂のブラックバス おいしく食べるには

ライター情報:羽石竜示
ブラックバス――釣りをする人はもちろん、釣りをしない人も名前くらいは聞いたことがあるだろう。淡水での釣りにおいて大人気の魚で、関東では霞ヶ浦、芦ノ湖、河口湖など、関西では琵琶湖がブラックバス釣りの名所として知られる。これまでずっと「キャッチ&リリース」、つまり釣ったらその場で逃してやることが、釣り人の間での常識(条例などで禁止している県もある)となっている。
……が、あえて「キャッチ&イート」、ブラックバスを釣って食べることを実践している孤高の漢がいる。肝心の味はどうなのか、本人に聞いてみることにした。

もともとブラックバスは前世紀初頭、米国から芦ノ湖に移植されて全国に広まった魚。現在は法律で「特定外来生物」に指定されており、飼養や生きたままの移動・放流などが規制されている。つまり、釣ったらその場でリリースするか、さもなくば「殺生」である。

だが、「ブラックバスはおいしくない」というイメージがなぜか昔から流布しているように思う。実は筆者も子供の頃、「食ってもうまくないよ」と伯父に言われたことがある。淡水魚は全般的に独特の臭みがあり、ブラックバスは「とくに臭い」と指摘されたことがおいしくないイメージにつながっているのであろうか。

では、本当においしくないのか。琵琶湖のある滋賀県では、「ブラックバスは食べるとおいしい魚ですので、再放流しないで持ち帰り、食べてみてください」とPRしており、その調理方法まで提案する。

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2014年8月12日 07時50分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品