巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

見た目も音も面白く懐かしい『日本のポータブル・レコード・プレイヤー展』に行ってきた

ライター情報:古澤誠一郎

このエントリーをはてなブックマークに追加
「初めて買ったレコードor CDは?」という質問があるが、1983年生まれの自分の場合、初めて買ったのはCDだった。レコード・プレイヤーで音楽を聞く経験は、いろいろな音楽に興味を持つようになった二十歳前後まで全くしてこなかったと思う。

そのせいか、自分はレコード・プレイヤーに対して「多趣味な紳士の書斎に置いてあるもの」「アンプやスピーカーと組み合わせて置かれている重厚で立派なもの」みたいなイメージを抱いていたのだが、どうやら違うらしい……ということが分かったのが、現在開催中の「日本のポータブル・レコード・プレイヤー展"みんなこいつで聴いていた!"」だ。
横浜・黄金町の古書店「たけうま書房」の店内。11月30日まで108種のポータブル・レコード・プレイヤーを展示中だ。

横浜市・黄金町駅近くの古書店「たけうま書房」で10月22日~11月30日まで開催中のこの展示は、60~80年代のものを中心に、108種もの国産ポータブル・レコード・プレイヤーを並べて展示したもの。展示するプレイヤーは、東京・高円寺のイベントスペース・レコードショップ・喫茶店が一体となった店「円盤」店主の田口史人さんが集めたものだ。

108種のプレイヤーは、基本的にどれも「ポータブル」(持ち運びができるもの)で、スピーカーが一体となったもの。自分がこれまでイメージしてきたようなズッシリしたと重厚なプレイヤーは少なく、デザインもカラフルでポップなものが大半。中には手のひらに乗るような大きさのものや、鍵盤が付いたオモチャのようなものまである。なぜこのようなプレイヤーが数多く販売されていたのか、田口さんに伺うと……。

ライター情報: 古澤誠一郎

フリーライター。音楽、サッカー、本、演劇などが好きですが、何でも書いているので自分でも何が専門なのかよく分かりません。

URL:https://twitter.com/furuseiro

2014年11月17日 08時00分

注目の商品