巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

冬場に「手の甲」だけ荒れるのはなぜ? 皮膚科医に聞いてみた

ライター情報:石原亜香利

いよいよ本格的な寒さがやってくるこの時期。ぐんと気温が下がるからなのか、急に手荒れが気になってきた人も多いのではないだろうか。ところでこの手荒れ、なぜ手の甲だけが目立ってカサカサになるのだろうか。
手のひらはもちろん、人間の体には、他にも乾燥してもいいはずの部位があるのにもかかわらず、なぜ手の甲だけがターゲットになるのか…。皮膚科医に聞いてみた。

なぜ手は荒れやすいの?



しのぶ皮膚科の院長であり、皮膚科医の蘇原しのぶ先生に、まずなぜ手は荒れやすいのかを聞いてみた。

「手が荒れやすいのはよく使うからですね。家事や仕事でよく使ったり、洗ったりするので、皮膚の脂が抜けるからです。特に炊事、洗濯をする主婦の方が多く、もっといえば赤ちゃんがいる人や美容師さんは頻繁に手を洗うので、荒れやすいようです。また、日本人は洗剤をつけて洗い過ぎているといわれます」

どうやら、手が荒れるのは脂に関係しているようだ。脂が抜けるとはどういうことなのだろうか?

「皮膚の表面には、角質細胞がズラーっと敷石のように並んでいて、セラミドと細胞間脂質でつながっています。キメが細かい肌とは、この敷石がきれいに並んでいる状態のこと。手を洗うと脂が水やお湯の中に逃げてしまい、細胞が浮くようになります。これがいわゆる荒れた状態ということです」

なぜ手の甲だけが目立って荒れるのか


手荒れは、脂が水に溶けてしまうことが理由だった。では、なぜ冬場はとくに、手の甲だけが目立って荒れるのだろうか。
関連キーワード

ライター情報: 石原亜香利

ウェブ・雑誌などで執筆するライター。美容・健康・ダイエットネタからビジネス・マネーネタまで、人が知りたい情報をとことん突き詰めてご提供中。

URL:http://akari-ishihara.hatenadiary.jp/

2016年11月25日 10時00分

コメント 2

  • りりかっち 通報

    対処法も知ることができてよかったです。 荒れた時に使いたいと思います。

    2
  • 匿名さん 通報

    冬はついお湯使ってしまうけど、水で洗うようします。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品