今注目のアプリ、書籍をレビュー

「宮崎駿と鈴木敏夫のせいで結婚できませんでした」本日75歳の「ナチュラル・ボーン・ヴァンパイア」

2016年1月5日 09時50分

ライター情報:オグマナオト

このエントリーをはてなブックマークに追加
「僕の長編アニメーションの時代ははっきり終わった」

宮崎駿がこんなコメントを残し、引退会見をしたのが2013年9月6日のこと。あれから2年と4ヶ月がたち、宮崎駿は本日1月5日で75歳を迎えた。

もっとも、引退したのは「長編」だけ。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが明らかにしたところでは、三鷹の森ジブリ美術館用の短編映画「毛虫のボロ」を製作中とのこと。10分ほどの短編にもかかわらず「3年はかかる」という発言(鈴木プロデューサー)からは、宮崎駿の変わらぬ創作意欲とこだわりをうかがい知ることができる。

いくつになっても衰えないそのパワーの源泉はどこにあるのか?

《「人のエネルギーを自分のエネルギーに変える天才」と鈴木さんが言っていた通り、確かに宮崎さんは、ナチュラル・ボーン・ヴァンパイアのようなところがあると思います。もちろん、悪い意味ではなくて、芸術家というのは、そういうところがあってしかるべきだと思うのです》

宮崎駿の尽きないエネルギーを「ヴァンパイア」と表現した本がある。『エンピツ戦記 誰も知らなかったスタジオジブリ』だ。
スタジオジブリの小冊子『熱風』の連載記事を元にした『エンピツ戦記』(舘野仁美 著、平林享子 構成/中央公論新社


そんな恐ろしい連載はやめたほうがいいです!


著者の舘野仁美は、『となりのトトロ』以降27年間にわたって数多くのジブリ作品で動画チェックという職務(著者曰く、アニメーターの仕事の中でいちばん地味で目立たない裏方で、まさしく縁の下の力持ち)を担ってきた人物だ。宮崎駿はもちろん、高畑勲監督、鈴木敏夫プロデューサーらとも深くかかわり、ときには宮崎の真後ろの席で見聞きした「裏方視点のスタジオジブリ」像を描きだしている。

《「私は宮崎駿のせいで結婚できませんでした」という書き出しで連載をスタートさせてください》と執筆依頼をした鈴木敏夫。

《それを言うなら、「私は宮崎駿と鈴木敏夫のせいで結婚できませんでした」のほうが正確だと思います》と切り返した舘野仁美。

《舘野さんの中には恨み節が渦巻いているんです。過去の話を聞いても、怖い話しか出てこないですから、そんな恐ろしい連載はやめたほうがいいです!》と執筆に反対したという宮崎駿。そんな関係性もまた面白い。

そして宮崎の懸念通り、ジブリを裏方として支えてきた人物だからこそわかる、クリエイター宮崎駿の頑固さ、わがままぶり満載のエピソードをあけすけに綴っている。

事前の打ち合わせで「緑で」と指示したのに、あがってきたモニターをみて「こうじゃないんだ」「緑じゃなくて、青なんだよなぁ」とぼやく朝令暮改上司・宮崎駿。

ライター情報

オグマナオト

福島県出身。『週刊野球太郎』『web R25』を中心にスポーツネタ、野球コラムを寄稿。構成した本に『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』『福島のおきて』など。

URL:Twitter:@oguman1977

注目の商品