今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

見つからないメモはメモじゃない「超」整理手帳×ショットノートの強力タッグ

2013年9月13日 11時00分 ライター情報:島影真奈美

デジタルとアナログの“いいとこどり”を実現した「超」整理手帳×ショットノート2014。「超」活用ガイドブック付きで2310円(講談社)。専用アプリ「『超』整理手帳 for the iPhone」は期間限定半額セール実施中!(1200円→600円)

[拡大写真]

「大事なメモが見つからない!!」を解決してくれる強力ツールが登場した。

経済学者にして、ベストセラー『「超」整理法』をはじめとする「超」シリーズの著者として知られる野口悠紀雄が考案した「超」整理手帳。9月14日(土)発売の2014年版では「ショットノート」(キングジム)と連携。撮影した手書きメモや画像をスケジュールとリンクできる機能が加わった。

「超」整理手帳の手帳ホルダには、iPhoneと連動するメモ帳「ショットノート」が付属。日々のメモをごく簡単にスマートフォンに取り込める。さらに、「『超』整理手帳 for the iPhone」 を使えば、撮影した手書きメモや画像を「予定」とリンクできる。「予定」をたどって、手書きメモや画像を探し出せるのだ(iPadアプリもある)。

■「超」整理手帳for the iPhone/iPad(動画)


メモが見つからずに困っているとき、たいてい記憶は曖昧だ。「Gmailの下書きにメモしたような気もするし、iPhoneのメモアプリに書き込んだような気もするし……、いや、Evernoteだったかも……」と、あちこち検索してもヒットしない。見つからないのは記憶違いのせいなのか、検索精度のせいなのか、見当がつかないのが、また困る。こうしたストレスから一気に解放されるのだ。

メモや画像を予定にリンクさせる方法はこうだ。アプリを立ち上げ、リンクしたい予定を選択し、カメラで撮影するだけ。もちろん、カメラロールの画像からも保存できる。写真サイズは「小サイズ」「中サイズ」「フルサイズ」の三択。ブロックメモ程度の大きさなら小サイズで十分だし、A4サイズなど字が細かい資料なら「中〜フルサイズ」で保存するのがおすすめ。ショットノートなら、自動で画像補正してくれるので、圧倒的に見やすい。

日付にリンクさせることもできる。アプリを立ち上げ、日を選択して、カメラで撮影して保存するだけ。メモを手書きするのが面倒なら、写真を撮るだけでもいい。“メモ代わりに撮ったのはいいけれど、必要なときに見つからない写メ”とも、おさらば! スケジュールまたは日付とリンクさえしておけば、うすぼんやりした記憶しかなくても、だいたい探し出せる。時間もさほどかからない。ブラボー!

ここでは、ズボラ&片付け下手な人にこそおすすめしたい、「予定」とリンクさせると便利なメモ・画像ベスト5を紹介したい。

■1位 名刺
もらったら早々に撮影し、会ったその日の予定にリンクさせておけば、さくっと見つかる。

ライター情報

島影真奈美

ライター&編集。共著に『オンナの[建前⇔本音]翻訳辞典』シリーズ(扶桑社)。モテ・非モテ問題から資産運用まで幅広いジャンルを手がける。特技:爆読

URL:Twitter:@babakikaku_s

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品