今注目のアプリ、書籍をレビュー

実はコードネームだった「アイカツ!」。「データカードダス アイカツ!」プロデューサー対談 1

2014年8月11日 09時00分

ライター情報:丸本大輔

このエントリーをはてなブックマークに追加
「芸能人はカードが命!」のキャッチフレーズとともに、2012年10月にサービスをスタート。2014年3月にはカードの累計出荷枚数が1億1千万枚を突破した、バンダイの国民的アイドルオーディションゲーム「データカードダス アイカツ!」。同時に放送がスタートしたTVアニメも人気を集め、先日エキレビ!で掲載したアニメのメインスタッフ対談にも大きな反響が!
その直後、10月から始まる2015シリーズの概要が発表。ゲーム(データカードダス)、アニメともに、3年目を迎えての新展開スタートが明らかになりました。

データカードダスの新規キービジュアルでは、これまで主人公・星宮いちごの定位置だったセンターの位置に、いちごの後輩で新人アイドルの大空あかりの姿が描かれ、両サイドにも新キャラクターの姿が。さらに、ネットワーク機能の強化によるさまざまな新要素も発表されました。
 そこで今回は、バンダイのカード事業部で「データカードダス アイカツ!」のプロデューサーを務めている廣瀬剛さんと、初代プロデューサーで現在はプロジェクトマネージャーを務める原田真史さんに直撃取材。これまでの「アイカツ!」と、これからの「アイカツ!」について伺いました。

バンダイカード事業部 デピュティゼネラルマネージャーの原田真史さん(写真左)と、同じくカード事業部 データカードダスチーム リーダーの廣瀬剛さん(写真右)。ちなみに、原田さんが着ているのは、いちごたちの担任教師ジョニー別府モデルのジャージ。世界に1着しかない特注品だ。


アイドル、ファッションなど女の子の好きなものを全部詰め込んだ

―――2014年7月27日(日)に、3年目の「アイカツ!」の新展開について発表をされましたが、現在の心境はいかがですか?
原田 「アイカツ!」の企画を立ち上げた時から、まず3年続ける事を一つの目標としていました。それが実現できたのは、多くのユーザーの皆さんが楽しんで下さったから。その事に感謝するばかりです。3年目はポイントになる年だと考えていますので、楽しんで下さった皆さんに、さらにお返しをしていきたいと思っています。
廣瀬 我々は3年目だけではなく、まだまだこの先も「アイカツ!」を続けていきたいと思っています。そのためにも、ユーザーの皆さんにしっかりアプローチして、その先にもつながるようにしていきたいですね。特に3年目は大きな変化のある重要な年なので。

ライター情報

丸本大輔

1974年生まれ。フリーライター。瀬戸内海で生まれ育ち、現在は東京の西側在住。インタビューを中心に活動。得意ジャンルは、アニメ、マンガ、サッカーなど。

URL:Twitter:@maru_working

注目の商品