ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

3

右も左も極端な考え方は「表現の自由」を嫌う――前参議院議員、山田太郎さん

2017年10月13日 10時30分

ライター情報:辺川 銀

アニメや映画などにおける、いわゆる「エロ・グロ」と呼ばれる表現が批判に晒されたり、規制の対象になるといったことが多くなりました。また、最近はBLなどのマンガも規制の対象になるものが増えてきました。
そこで今回は、「表現の自由を守る」ことを活動方針として掲げる、前参議院議員の山田太郎さんにお話を伺いました。


民間の自主規制は深刻

 
――ここ数年。漫画やアニメなどの表現に対する規制が強まったといわれています。

「背景として、インターネットやSNSの発展によって表現の手段は豊かになったことがあります。特にSNSの力はすごいです。今やSNS上で宣伝された漫画やゲームなどのコンテンツが、出版社など既存の流通ルートから発表されたもの以上に広く知れ渡る、ということも珍しくありません。すると必然的に、広告やサンプルも含めて『この表現は気に入らない』と感じる人の目に触れることも多くなりました。『この表現は気に入らないな』と誰かが発信すれば、その発信は別の誰かに届き『あの人が気に入らないというなら私も気に入らない』という発信につながっていくので、『気に入らない』『こんなものは規制するべきだ』という人たちのグループも容易に形成されます。文句やクレームも表現の一種なので、こういった意見が出てくることも表現が豊かになっていることの現れでもあります」

――表現が豊かになったからこそ軋轢が生まれている。

「そうですね。表現自体は拡大して自由になりました。一方的に表現の規制だけが厳しくなったわけではありません。表現が豊かになり多様化したからこそ文句をいうひとも増えたということです。ですが今は両者が拮抗している中で、少しずつ不自由さが高まっているという感じはしますね」

――規制は具体的にどのような形で行われるのでしょうか。

「規制のされ方には二種類あります。ひとつは政府や行政が法律で規制するやり方。もうひとつは民間の自主規制ですね。前者については、そもそも政府や自治体は、規制にそれほど積極的なわけではありません。『エログロ暴力の表現を規制しろ』という表現が自分たちの選挙で上がってくるのならやることもありますが、そういう程度です。現在より深刻な問題になっているのは後者の方ですね。作り手も受け手も良いと思っているものであっても、その間にある出版社や通信会社が『こういう表現をすると誰かに文句をいわれる、炎上するからやめよう』と、自主規制してしまう。この自主規制がこのところ実行力を持ちすぎてしまっている。すると結果的に作り手の方も萎縮してしまいますから、表に出てくるコンテンツは昔に比べるとかなりマイルドになっていますね」

ライター情報: 辺川 銀

世に出ない声を世に出したい。ライターしながら小説を書いています。

URL:辺川銀と天国の塔

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    「差別」は好き嫌いや価値観の範疇ではない。他人の人権を侵害する権利などない。

    8
  • 匿名さん 通報

    「こうした反ユダヤ主義は、言論の自由の原則によって保証さるべき思想の範疇にははいらないのである」とサルトルは言いました。あらゆる差別は「反ユダヤ主義」に置き換えられます

    3
  • 匿名さん 通報

    誹謗中傷、マイノリティに対する忖度、言葉狩り、自己主張etc、全て人によって或いは時と場合によって基準が異なるので平和的解決が一番難しい問題。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品