90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

「生涯最悪の作品」スーパーマリオ実写化の"悪夢"

今年30周年を迎えた『スーパーマリオブラザーズ』。横スクロールアクションゲームの元祖であり、その後のゲームの歴史を変えた偉大なる作品だ。日本国内のみならず海外でも大ヒットを飛ばし、「世界一売れたゲーム」としてギネス認定もされている。
その絶大な人気と知名度から、93年にはハリウッドが実写映画化しているのを覚えているだろうか?
その名も『スーパーマリオ魔界帝国の女神』。オリジナルファミコン版のリメイクも収録したスーパーファミコンソフト『スーパーマリオコレクション』が発売された時期の出来事だ。

マリオ役はトム・ハンクスの予定だった?


2度のアカデミー賞に輝いた名優ダスティン・ホフマンは、いずれ映画化の暁にはスーパーマリオを演じたいと思っていたそうだ。
しかし、実際に映画の企画が立ち上がった際に任天堂が指名したのは、映画監督も務めるコメディが得意な俳優・ダニー・デビート。シュワちゃんと凸凹兄弟を演じた『ツインズ』や、怪人ペンギンを熱演した『バットマンリターンズ』が印象深い、丸っこいフォルムのイタリア系アメリカ人だ。確かにマリオっぽい風貌であるが、スケジュールの都合もあってご破産に。
そんな中、プロデューサー側が選んだのがあのトム・ハンクス!
だが、185cmの長身ではマリオとしてのキャラクターに無理があったか、最終的に任天堂が選んだのは『ロジャー・ラビット』や『フック』を代表作に持つボブ・ホスキンスであり、ここからスーパーマリオ実写映画の「悪夢」はスタートするのであった……。

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2015年10月29日 10時50分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    本と、和洋問わず実写化許せんわ

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!