90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

クレームにより放送中止!インパクト抜群なCMの数々【90年代後半編】

牧瀬里穂 ※写真はイメージです

[拡大写真]

前回、放送中止や内容差し替えになってしまった90年代CMについて語ったが(記事はこちら)、今回はその続き。90年代後半に絞って振り返ってみよう。

1995年 朝日ソーラー「太陽熱温水器」


菅原文太の「朝日ソーラーじゃけん」という決めフレーズで有名なこちらのCM。90年代中期は西田敏行バージョンもヘビロテされ人気を呼んでいる。
映画『ブルース・ブラザーズ』のジョン・ベルーシよろしく、黒いスーツにサングラスでビシッと決めた西田敏行が屋根の上で踊り歌うCMだ。

CM冒頭、「屋根持っているかーい!?」と呼びかけるのだが、阪神・淡路大震災が起こった際に被災者への配慮から、セリフが「天気出てるかー!?」に差し替えられている。
これは機転が利いた変更と言えそうだ。

1996年 日産自動車『スカイライン』


牧瀬里穂のセリフであり、キャッチコピーでもある「男だったら、乗ってみな。」に対して、「男女差別」とクレームが付いてしまう。
牧瀬がキーを投げ付けるシーンとともにこのセリフを告げるため、「性行為をイメージさせる」とのクレームもあったようだが、想像力豊かすぎな気がしないでもない。

CMで紹介されるのは9代目スカイラインとなるR33型。「本流グランドツーリングカー」のコンセプト通りの男らしいスタイルであり、イメージもピッタリだったのだが……。
結局、「キメたかったら、乗ってみな。」に変更となった。

1997年 日本新聞協会「新聞週間キャンペーンCM」


誰もが聞いたことのある童謡『やぎさんゆうびん』をモチーフに、熱心に新聞を読む白ヤギと新聞を読まずに食べてしまう黒ヤギのキャラクターの対比で、新聞の購読を面白おかしく促す内容だった。

関連キーワード

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2017年5月25日 00時01分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!