今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「今からあなたを脅迫します」4話。前田公輝の「わかりやすい悪役」。憎んで当然の相手を許せるか武井咲

2017年11月19日 09時45分 ライター情報:むらたえりか
栃乙女「千川完二! あんた、無駄にビジュアルはイケてんのに、マジ女にモテないのはそういうとこだよ?」
目黒「そういうとこだよ」
千川「そういうとこ……」

島崎遥香、三宅弘城、ディーン・フジオカが演じる脅迫屋チームの掛け合いが板につき、さらに楽しくなってきた日曜ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系列)。
11月12日(日)放送の第4話では、脅迫屋チーム3人が(武井咲)を助けるために動き出した。
イラスト/まつもとりえこ

第4話 あらすじ


7年前に交通事故で亡くなった両親のお墓参りに向かった金坂澪(武井咲)。墓石の前で、母親である七海(石田ひかり)の教え子だという國枝友基(森田甘路)に出会う。
後日、國枝が添島邦明(前田公輝)という男を襲ったことで、澪が警察に任意の聴取に呼ばれた。そこで、7年前に添島が澪の両親を轢いた車に同乗していたことを知る。

ドラマのテーマを際立たせる前田公輝の演技


社会的に地位が高い親がいて、裏稼業とも付き合いがあるどら息子。
都合が悪くなると「コーヒー代」と一万円を置いて去る、何でも金で解決できると思っている男。
他人の死や痛みにまったく心動かされず、自分が殺した相手の娘に「あんたの親、たまたま運が悪かったよね」と言い放つ。

わかりやすい悪人として設定された添島のキャラクターは、実際の人間が演じると露悪的になりすぎたり、あからさまで滑稽に見えたりしてしまうこともある。
だが、添島はそうならなかった。「HiGH&LOWシリーズ」でインテリヤンキー役を好演し「二次元を具現化した」と評された前田公輝が、『今キョー』でもその技巧を発揮したからだ。

笑うときに口角を上げず口を歪め、顎を触りながら返事をする。これは、話している相手を見下しているときに出ると言われているしぐさ。
話を終わらせたいときにさりげなく相手と反対の方向を見る。
勝てそうな人には目を見開き前のめりになって威圧感を与え、少しでも形勢不利と判断すると、椅子の背もたれにドカッと寄りかかり自分を大きく見せようとする。
酒を飲んで騒いでいるときに、交通事故によるケガに巻いていた包帯を投げ捨てるところも「事故なんてどうでもいい」という添島のスタンスを表していた。

大声やにらみ、下卑た笑いなどに頼れば「わかりやすい悪役」のキャラクターは表現しやすい。
しかし、前田はちょっとしたしぐさの積み重ねで、キャラクター的なわかりやすさを実際の人物像に落とし込める。

クライマックスで罪を認めた添島が「自首すればいいんだろ」と言うとき。

ライター情報

むらたえりか

ライター/PR企画者。宮城県出身・女子校育ち。「アオシマ書店」で写真集レビューなどを執筆。ハロプロ、ヒーロー、ベガルタ仙台が好き。

URL:わたしとたのしいくらし

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!