ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

10

ビットコイン大暴落、早朝に“ロスカット祭り”「電車が止まるレベルなのでは」

ライター情報:佐藤尚


先日大台の100万円代に突入して注目を集めたビットコイン。しかし11月30日の早朝頃に急激な暴落を見せ、ネット上では阿鼻叫喚の声が上がっている。

ビットコインが数分で急下降


26日に1BTCの値が100万円を突破したビットコインはその後も徐々に値を上げていき、29日の深夜にはさらに急騰を見せ130万円前後に達した。しかし30日の早朝には謎の暴落が始まり、100万円付近にまで下降。ものの数分で約30万円の落差を記録した。

これにネット上では「これは… 電車が止まるレベルなのでは?」「値動きが完全に“滝”で笑う。いや笑えない」「やっぱ仮想通貨怖いなぁ」との声が。また「分かりやすい投機タイムなのでは?」という逞しい意見も寄せられている。

「見ている分には楽しい」という人も多いようだったが、他人事で済まなかったのはFXユーザー。証拠金取引であるFXには“ロスカット”というシステムがあり、含み損が一定の金額に達すると強制的に決済される。損失が証拠金を大きく下回らないための、いわば救済システムのようなものなのだが、暴騰によりロスカットで強制退場する人が続出。SNSなどでは「朝起きたらロスカットされてた… 泣いちゃう」「ロスカくらって仮想通貨の資産が0に…」「初めてロスカットくらった… これからは現物で取引します」との声が相次いだ。

ちなみにビットコイン取引所「bitFlyer」のFXでは、価格急変を防止するために取引を一時中断する制度「サーキットブレーカー」が発動。日本円にして40億円前後の“ロスカット”を記録した。これには「“サーキットブレーカー”の発動って初じゃね?」「絶対これ集団ロスカットを狙ってだれかが故意に起こしただろ」との声も上がっている。

深夜の急騰で損失を被った人も


暴落による“買い(ロング)”のロスカットが相次ぐ中、とある動画投稿者は“売り(ショート)”からのロスカットで多大な損失を被り話題になった。FXは“売り”からでも取引に参加することができ、その場合は値が下降した後に“買い”を仕掛けることで利益に。しかしこの動画投稿者はFXの生配信で、29日深夜の高騰によりロスカットしてしまう。

その結果、被った損失額は2,800万円以上。動画内では配信者が嗚咽を上げる場面もあり、「これはさすがにえげつなすぎる…」「1日でこんなに損をすることってあるのか」「バブル相場にショートで挑んだ勇気はすごいけど損失がでかすぎる」「やっぱり信用取引はヤバいな」と青ざめる人が続出。また、その後は例の暴落が始まっていることから「ロスカットされなければ…」と惜しむ声も少なくない。





ライター情報: 佐藤尚

好奇心旺盛なフリーライター。

2017年12月1日 17時51分

コメント 10

  • 匿名さん 通報

    この時期に参入して大損した人は判断の甘い自分自身を叱ってくださいね。楽して儲けたい、みんながやっているからオレもやる、なんて考えは自ら破滅に足を踏み入れただけです。

    16
  • 匿名さん 通報

    めしうま

    15
  • 匿名さん 通報

    まぁ、むしろ、価格操作が僅かな投資で出来るってことは良いなw乱高下を意図的に操作出来ることを見越して一攫千金を企むにわか山師が大挙して参戦するだろw

    10
  • 匿名さん 通報

    株式市場の主流ががヘッジファンドから投資信託の時代になってもうやれないと思われた価格のつり上げを仮想通貨でやった仕手筋がいるってだけのこと。市場規模がショボい程有効だねww

    10
  • 匿名さん 通報

    久しぶりに市況が活気づくニュースを読めた。こーいう夢のある話題は市場参加者に希望を与えてくれるので大歓迎。

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!