ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

2018年「お見せ合い婚」時代が来るか ネット上で自分を包み隠さない出会い

ライター情報:長井雄一朗

婚活男女がオンライン上で自身を包み隠さずプロフィールや写真を見せ合うカタチで出会い、結婚する「お見せ合い婚」。リクルートグループが、2018年の婚活領域におけるトレンド予測のキーワードとしてあげたものだ。

この「お見せ合い婚」時代に婚活男性は女性にどうアピールすべきか。ゼクシィの婚活サイト「ゼクシィ縁結び」(リクルートマーケティングパートナーズ運営)などのサービス企画を担当する桜井まり恵氏に話を伺った。

桜井まり恵氏。恋愛・婚活の悩みにも答える婚活アドバイザーとしても活躍中。20代等の若者の婚活の傾向、恋愛事情も深く分析している。

「十人十色」ではなく「一人十色」


記者会見で桜井氏は「”お見合い婚”ではなく、”お見せ合い婚”です。是非、覚えてください」とアピールした。「お見せ合い婚」時代は、お互いのプロフィールや写真をオンライン上でオープンにするので、思いもよらない出会いが増えていくかもしれない。意外なプロフィールやニッチな趣味でも、出会いのキッカケになる可能性が向上し、多様な自己開示を通じて、「お見せ合い婚」が増加すると桜井氏は予測している。


「十人十色」ではなく、「一人十色」を地で行くのがイマドキの婚活世代。個人が、会社や家族のコミュニティだけではなく、人によっては副業も行ない、さまざまな趣味のサークルに属する。オンラインでもFacebookやTwitterなどのSNSで写真や文章をアップし、個人がさまざまな顔と姿を持つ。

しかも、婚活世代は学生時代からmixiなどのSNSを使っているため、ネットで自分を表現することに抵抗がない。「自分はこの店で食事した」「みんなで飲み会」と、写真なども積極的にオープンすることが当たり前になっている。

また、近年は結婚に対する条件もバブル期とずいぶん様相が異なってきた。バブル期は、3高(高収入・高学歴・高身長)に代表されるように、「周囲の目を気にする」などの理由から一般的な価値観に照らして、相手を「相対評価」していた。
現在の婚活世代のトレンドは、自分の価値観に照らして、「自分に合う」人がいいと変わり、相手を「絶対評価」する時代へと移ったという。


ちなみに「一人十色」の時代では相手とすべてが合う必要も無く、一部分がマッチするだけでも十分、出会いの機会になる。どの情報が相手とマッチするか分からないからこそ、お互いの情報のお見せ合いが欠かせない。

マッチングアプリで彼女をつくるには


「出会い」や「結婚」も価値観の合う「お見せ合い」の時代に移行していく中、具体的にどうすればいいのか。
桜井氏は、男性で29歳のフリーコンサルタントの事例をもとに解説する。
この男性の利用サービスは婚活アプリ。28歳まで彼女はできなかったが、知人の影響でアプリの利用を開始。開始1年で70人と出会い、人生ではじめての彼女ができた。
そこでのポイントは、プロフィールの欄に文字数上限の情報を入れ、「自分という人となり」を理解してもらうよう工夫。実はこのプロフィールも300回書き直した。その結果、自己開示やプロフィール内容が改善してマッチング率が向上したという。
「実はこの男性、最初はすごく堅苦しいプロフィールでした。それを改善し、いつもの自分をさらけ出していきました。確かに真面目さも必要ですが、非日常の自分もうまく描写することで、マッチングできた好例です」(桜井氏)

リアルの出会いの世界は、限られた時間で限定的な情報しか伝えられないが、ネットでは、自分の情報を余すことなく伝えられ、誰が自分のどんなところを「イイネ!」と思うかわからない。意外な一面を女性にアピールすることが十分あり得るのだ。

”野球”という共通の話題でマッチングしたケースもある。野球観戦を趣味とする人が野球専用アカウントつくって投稿、同じ趣味を持つ人と交流していた。偶然同じ日に同じ試合を見ていて、球場ではじめて顔を合わせたのを交際のキッカケに「Instagram婚」に至ったという。

関連キーワード

ライター情報: 長井雄一朗

建設業界30年間勤務後、アーリーリタイヤで退職。フリーで建設・経済・政治・外国人労働者・中国・韓国について執筆。働き方改革は執筆テーマの1つ。ワイフとともに、日本や海外旅行を満喫。好きな言葉は「私の人生これからだ」

URL:Twitter:@asianotabito

2017年12月13日 17時10分