ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

米Amazon商品、個人輸入が簡単に? 日本円での決済にも対応

2018年4月19日 20時20分

ライター情報:佐藤尚


Amazonのスマートフォン用ショッピングアプリに、「International Shopping」という機能が実装された。同サービスは、アメリカのAmazonで取り扱われている商品を、自国の通貨で購入できるというもの。日本円にも対応しており、ネット上では「これはありがたい!」と歓喜の声が上がっている。

「International Shopping」とは?


「International Shopping」の利用方法は、まずアプリ上部のメニューバーを開き「設定」をタップ。その後「国と言語」「国」と開いていき、「他の言語で利用可能な国」の中から「インターナショナルショッピング」を選択する。その後、米Amazonのアカウントでサインインして、言語を選択すれば準備完了。「International Shopping」の言語設定はまだ日本語をサポートしていないが、今後対応言語を増やしていくという。

ちなみに以前から日本で米Amazonの商品を購入することは可能だった。しかし表示されている料金はすべてドル単位だったので、ぱっと見で価格がつかめない日本ユーザーもいた模様。また日本への発送が不可能な商品も表示されていたため探しにくかったが、「International Shopping」では日本へ出荷可能な商品だけを表示させることができる。配送コストや輸入税の見積もりなども表示されるため、荷物を受け取るときに明細を見て驚くこともない。

そんな同サービスのリリースを受けて、以前から米Amazonでショッピングをしていた人の中には「特に何も変わってないのでは?」と首を傾げる人も。しかし個人輸入のハードルが若干下がる機能の実装には、「アメリカにしかないボードゲームとかが気軽に買えるようになるのか」「さっそくプロテインを取り寄せてみたい」「今までもよくUSで購入してたけど、便利になるのは良いこと」と歓迎する声も上がっていた。その他「アメリカだけじゃなくヨーロッパの国とかにも対応してほしい」「アマゾンUKの対応も早く!」といった要望も寄せられている。

Amazonのライバルはセカイモン?


Amazonの他にも個人輸入が気軽に行えるサービスは数多く存在する。とくに有名なのが「セカイモン」というショッピングサイト。世界最大級のマーケットプレイス「eBay」公認の日本語サイトで、決済や配送、輸入などの諸々は「セカイモン」が代行してくれる。

日本に入荷されていないアイテムなどを気軽に購入できるとあって、「セカイモン見るたびに色々買ってしまう」と大好評。またAmazonとは「アマゾンUSとセカイモンを両方見て安い方を買ってる」「海外アマゾンよりも色々揃ってるのでは?」などとよく比較されているようだ。

関連キーワード

ライター情報: 佐藤尚

好奇心旺盛なフリーライター。