smadan

やってはいけない副業の特徴 「稼げる」だけで選んでない?

やってはいけない副業の特徴 「稼げる」だけで選んでない?
画像はイメージ

政府が主導する「働き方改革」の影響で、副業を解禁する企業が増えています。今回は、副業をするときに考えるべきポイントや、おすすめできない副業、本業に生かせる副業はどういうものなのか解説します。

やってはいけない副業とは何か?

 
みなさんは副業というとどんな仕事をイメージしますか?

学生の頃に経験したコンビニ、ファミリーレストラン、牛丼チェーン店の店員でしょうか。ECサイトでハンドメイドの作品を販売したり、サイトやブログを運用してアフィリエイト収入を得たり、自作の動画を公開して稼ぐユーチューバーでしょうか。

「もし副業を認められるとすれば何がやりたいですか」と質問をすると、多くの人が「やりたいことは特にない。とにかく稼げる副業がしたい」と答えます。

しかし、気をつけてほしいのは「やってはいけない副業がある」ということです。

やってはいけない副業は2種類あります。

1つ目は、自分にとっての時間価値がどれぐらいかを考えていない副業です。

時間価値は以下のポイントで考えてください。
・時間単価
たとえば本業の時間単価は、総支給と手取りをそれぞれ就業時間で割ると算出できる

・機会損失
もし副業をしなかった場合、その時間を使ってどんなことができたか(どれほどの収入が得られたか)

2つ目は、本業を失ってしまう可能性のある副業です。多くの企業が副業を認めてこなかった理由は、本業に影響があると困るからです。

こちらは以下のポイントで考えます。
・本業の競合になる
いわゆる利益相反です。副業が本業の競合にあたる場合、自分の社内だけでなく取引先にも影響を与えてしまう可能性があり、信用を失ってしまいます。

・健康を害してしまう
長時間労働になってしまい、十分な休息時間がとれずに体調を崩す。その結果、遅刻、欠勤になる。また、事故を起こしてしまたり、ケガをしたりしてしまう。

本業に影響が出ると本来の仕事を失ってしまいますので、こういった副業はしてはいけません。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月18日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。