0

【台湾現地ルポ】美しい山の上の龍宮城「貝殻廟」で金運アップ!

2018年6月12日 16時00分


美しい龍宮城「貝殻廟」とは?


貝殻廟は貝殻と珊瑚で造られた、とっても珍しいお寺です。貝殻廟は、美しいだけではなく金運アップのご利益があるそう。台湾の方はこのような金運アップのお寺が大好きですね。

貝殻廟はどんなところにあるの?
場所は、MRTの淡水駅から車で40分くらいのところ。途中の山道は特徴があまりなくて、GPSも届かない秘境のような山道を登ります。

到着するとトタンで囲まれた倉庫のような建物が見えます 。そこが三芝貝殼廟(通称貝殻廟)です。正式名称は富福頂山寺十八羅漢洞といいます。



中に入ると貝殻と珊瑚で覆い尽くされた廟があります。この中には珊瑚のトンネルが。

お参りを先に済ませると、貝殻と珊瑚のトンネルに入ることを許されます。お参りをしない場合は許可されません。台湾の神様に信仰心がない方も、儀式として礼を尽くしましょう。

貝殻廟のお参りの方法


1.まずお線香を三本取り、火を付けます。
2.お賽銭をお賽銭箱に入れます。(気持ちなので、いくらでもいいです。参考としては100元くらい)
3.本殿の神様にお参りをして、香炉にお線香をさします。



4.巨大な古代のお金の形をした琥珀をさわります。



これは財運の開運のためだそうです。その後、横にある化石の貝を触ります。こちらも財運のためだそうです。



5.珊瑚のトンネルの前に置いてあるお酒の入った大きなお急須の口で、お酒の香りを嗅ぎます。ここの神様はお酒が大好きだからだそうです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【台湾現地ルポ】美しい山の上の龍宮城「貝殻廟」で金運アップ!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!