LINEマンガは無料で読める作品が多い?お得に楽しむ方法やメリットを解説

「LINEマンガ」は、LINEが運営する基本無料のマンガ配信サービスです。日本で普及しているSNSであるLINEの関連サービスということもあり、国内でもトップの人気を誇ります。

しかし、当サービスを知らない方の中には「どこまで無料で読めるのか」「他のマンガ配信サービスと比べて何が違うのか」などが気になる方もいるのではないでしょうか。

本記事では、LINEマンガの基本情報や具体的な使い方、メリットとデメリットなどについて解説していきます。当サービスについて詳しく知りたい方は、ぜひこちらを読んで参考にしてみてください。

LINEマンガとは?

LINEマンガは、LINEを使っている人なら誰でもすぐに使う事ができるマンガ配信サービスです。

以下に、LINEマンガの具体的な特徴や実績、配信されているマンガなどについて紹介していきます。

LINEマンガの基本情報

LINEマンガは、2013年4月からサービスが開始され、10年以上の歴史があります。また、名前に「LINE」とついているとおり、国内でも特に有名なSNSであるLINEと提携したサービスであるのが特徴です。主なサービスとして、毎日無料で作品を1話ごとにレンタルする形式でマンガを配信しています。

国内マンガアプリとしては累計のダウンロード数で1位を記録し続け、2022年時点で4,000万を突破しています。ユーザー属性は男女比が4:6で、年代で見ると15歳あたりの若者から30代までが近い比率でまとまっていたりと、幅広い層で男女に関わらず広い支持を得ています。

幅広い人気マンガが読める

LINEマンガでは、出版社やジャンルに縛られず、多種多様なマンガを読むことが可能です。サービス開始から10年の2023年4月時点で、112万点以上の作品が配信され、オリジナルの連載作品や独占配信作品など、LINEマンガでしか読めないマンガは1,100タイトル以上あります。オリジナル作品の中には、実写ドラマ化などを果たしたマンガも複数存在し、確かな人気があるのもポイントです。

配信されているマンガには、一般的な形式である1ページごとに表示される作品と、「ウェブトゥーン」と呼ばれる韓国発の形式の作品があります。ウェブトゥーンは、紙ではなくスマートフォンなどの端末に適応した作りになっており、縦にスクロールしながら流れるようにカラー付きで一コマずつ読むことができるのが利点です。

また、「LINEマンガインディーズ」というオリジナルのマンガを投稿し、それを無料で閲覧できるサービスもあります。

LINEマンガの読み方

Kumamoto, JAPAN – Jun 23 2022 : Piccoma and LINE Manga apps on an iPhone. Japanese online manga and webtoon subscription service concept

次にLINEマンガでマンガを読む方法について解説します。

LINEマンガで読める作品には、完全無料で読める話と、条件付きで無料でレンタルする話と、サービス内限定の通貨である、マンガコインで購入して読める話の3つに分けられます。3つの読み方のうち、完全無料の作品を読むのに条件などは不要です。

そこで、無料でレンタルする読み方と、マンガコインを用いて購入する方法の2つについてここから解説します。

無料でレンタルする

LINEマンガで配信されている作品の中には、無料で読める作品が多数あります。そういったマンガを見たい場合は「無料あり」「CMをみて読む」などのタグで検索して探したり、あるいはインディーズ作品であれば全て無料で読むことが可能です。

当サービスでは、作品ごとに毎日無料で1話分を72時間レンタルすることができ、23時間で再び読めるようになる、いわゆる「待てば無料」という方式を採用しています。

ただし、1話分を解放した作品ではその日のうちは絶対に読めないということではありません。LINEマンガでは、動画広告を見ることで1アカウントにつき5話分まで無料で読むことができます。また、イベントなどで不定期に配布される時短アイテムを使うことによって、レンタル権の復活時間を短縮も可能です。

そのほか「¥0パス」と呼ばれるアイテムが使える作品があります。対象の作品で共有し、1枚消費することで1話分のレンタルができる仕様です。¥0パスは2時間ごとに回復し、最大6枚まで持ち越せます。

マンガコインで読む

先述したように、毎日無料や完全無料の対象ではない作品は、必ずマンガコインでエピソードか単行本を購入する必要があります。また、毎日無料分や動画広告分、無料パス分を全て消費した状態で続きを読みたい場合、マンガコインで代用することも可能です。

マンガコインの入手には様々な方法があります。最も基本的な方法は、アプリ内か、WebサイトのLINEストアでの購入です。支払い方法は、アプリであればアプリストア指定の決済方法を使い、LINEストアであればクレジットカードかギフトカード・プリペイドカード、大手キャリア決済の中から選ぶことになります。

また、指定されたアプリのインストールや外部サービスの登録、特定商品の購入などといった案件をクリアしたすることで、報酬としてマンガコインの獲得ができます。

そのほか「LINEポイントクラブ」で入手したLINEポイントを、1ポイント=1コインのレートで交換することも可能です。

LINEマンガのメリット

ここまで、LINEマンガの基本情報や、マンガの読み方について解説してきました。「LINEマンガの内容は理解できたが、他サービスと具体的にどの点が違うのかまだわからない」という方もいるのではないでしょうか。

以下では、他のマンガ配信サービスと比べて、LINEマンガのもつメリットとデメリットについて解説していきます。

無料で読める話数が多い

LINEマンガを利用する上で最も大きいメリットと言えるのが、一日ごとに無料で読める話数の多さです。

毎日無料で1話をレンタルできるマンガ配信サービスは数多くありますが、読める量は作品ごとに1話から3話ほどであることが多いです。しかしLINEマンガでは、動画広告で毎日5話を追加して読むことができます

また、対象作品は限られているものの、¥0パスを使えば一日で最大12話を追加で読むことができるのも大きなメリットとなっています。他のサービスでも通常の無料分と別途でレンタルすることができる要素はあります。ただし、2時間待つだけで貰える¥0パスはそれらと比べてもより有用な仕様です。

無料チャージ完了を通知してくれる

LINEマンガのように、無料レンタル形式があるマンガ配信サービスでは、無料権の回復までに23時間のインターバルが必要なことが多いです。そのため、回復する時間を忘れていたりすると、読めるようになる時間が後ろ倒しになってしまいます。

LINEマンガでは、無料権が回復すると端末に通知が入るため、回復する時間を忘れても問題ありません。また、通知が入るのは無料権の回復だけではなく、¥0パスの所持数が限界に達したり、ボーナスコインやクーポンなどの有効期限も通知してくれるのもポイントです。

その分通知の量は比較的多くなってしまいますが、設定にて通知のONとOFFを個別で設定できます。そのため、通知が鬱陶しい場合は必要のない通知をOFFにすることで柔軟に対応することが可能です。

LINEとの提携サービスがある

LINEマンガがLINEに関連する企業が運営するサービスであることは先述しましたが、それだけではなく、LINEとの連携サービスがあるのも特徴です。

連携することで、通常の共有機能に加え、マンガを最後まで読むと「友だちにおすすめする」というバナーが出現します。これを選択すると、LINEの任意の友だちに読んだマンガをおすすめでき、さらに無料権の回復時間を短縮させることができます。

他には、対象のマンガを1巻購入することで、LINEマンガオリジナルのLINEスタンプを貰うことが可能です。ただし、スタンプが貰えるマンガを探す際は、アプリ版からではなくWeb版から検索する必要があります。スタンプの数は一作品につき8つで、獲得にはLINEアプリで電話番号認証を完了していなければなりません。

また、LINEマンガを利用する際は、LINEのアカウントと紐づけることになるため、会員情報を新しく設定しなくても、簡単なLINE認証をするだけでマンガを読むことができるのも便利な仕様です。

LINEマンガのデメリット

次に、LINEマンガを利用するにあたって、他のサービスと比べた場合のデメリットを紹介します。

どんな電子書籍サービスでも、デメリットが全く存在しないわけではなく、不便な要素があるため注意が必要です。

メリットとデメリットの両方を把握した上で、LINEマンガを利用するべきか否かを検討してみてください。

全話無料で読めるとは限らない

一日ごとに無料で読める話数が他のサービスと比べ多いことは先述しましたが、必ずしも全話を無料で読めるとは限りません

話単位で読めるマンガであっても、マンガコインを消費しなければ解放できないエピソードが混ざっている場合があります。また、作品の中には話単位で配信されてはいても、ページ数などの都合で全話が無料の対象外であったり、単行本でしか配信されていないタイトルが存在するのも留意が必要です。

どうしても全話を無料で読みたい場合、検索にて「最後まで¥0」のタグを選択すると、要望どおりの作品が表示されます。ただし、無料ありの作品が1,7000件ほどあるのに対して、最後まで無料の作品はその約10%ほどしかなく、割合としては低めです。

動画広告が多い

動画広告を見ることで、一日あたり5話分を追加で読めるのは、LINEマンガのメリットではあります。しかし、それは言い換えると、読み進めるたびに動画広告を見るということになり、じれったいと感じてしまう方にとってこの点はデメリットです。

また、アプリを開いた際にマンガの広告が画面にポップアップが表示されることがあります。この広告は「閉じる」ボタンを選択しなければ他の動作はできないため、連続でポップアップする場合もあるため、少し煩わしさを感じる仕様です。

なお、広告掲載は基本無料のサービスには必要不可欠な要素ではありますが、毎日の無料権や¥0パス、コインでの購入によってマンガを読む分には動画広告を見る必要はありません。

検索だと有料無料の区別がつきづらい

LINEマンガでは、無料で読める話がある作品と、コインを使うことでしか読めない作品があります。しかし、この区分は検索した段階では判別できないのがデメリットの一つです。

タグを用いて無料関連の作品を検索することは可能ですが、タグは一つしか選択することはできず、タグ検索とワード検索の併用もできません。そのため、ジャンルタグで検索したかったりキーワードで検索した場合は、表示された作品をいちいち選択しなければならず、やや面倒です。

また、無料関連のタグを用いると無料分がある作品を検索することはできますが、大量の作品がでてきてしまうため、読みたいマンガを見つけづらくなってしまうのも欠点です。

LINEマンガをおすすめしたい方

LINEマンガは、オリジナルを含めた様々なマンガを制限つきながら無料で読むことができ、弱点はいくつかあるものの確かな強みを持ったマンガ配信サービスです。

ここからは上記の点を踏まえて、どのような方にLINEマンガがおすすめなのかについて、解説していきます。

幅広い出版社・ジャンルのマンガを読みたい方

まずは、幅広い選択肢の中からマンガを選びたい方です。LINEマンガで取り扱っているマンガは、出版社などに縛られず様々なマンガが取り揃えられています。また、ジャンルも豊富で検索にて細かく指定することもできます。そのため、他のサービスと比べて好みのマンガを見つけやすいといえます。

ほかには、日本ではあまり馴染みがないウェブトゥーン形式の作品や、インディーズの作品も多数配信されています。そのため「様々な出版社の人気マンガを読みたい」という方や「そのサービスでしか読めないマンガから好きな作品を見つけたい」という方にLINEマンガはおすすめです。

マンガを無料で一気に読み進めたい方

それから、気になった作品は時間をあけず一気に読み進めたいという方も、LINEマンガとは好相性です。

LINEマンガでは、毎日無料で読める1話のほかに、動画広告を見ることで最大5話分が追加され、一日で6話分を読むことができます。加えて¥0作品の対象作品であればさらに追加で最大12話分、全て合計すれば19話分を一日で読むことが可能です。

待てば読める形式のマンガ配信サービスでは、基本的に複数の作品を読まなければ、一日に読める話数は数話分程度と限られています。したがって色んなマンガを少しずつ読むのではなく、一つの作品をなるべく一気に読みたい場合には、LINEマンガの利用をおすすめできます。

LINEマンガでよくある質問

ここまで本記事を読んでいただいた方の中には「LINEマンガを利用したくなった」という方もいれば「利用を検討してはいるが、まだ気になることがある」という方もいるかもしれません。

そんな方のために、LINEマンガ利用の際によくある質問をいくつかご紹介するので、参考にしてみてください。

読んだマンガがバレることはある?

LINEマンガにおいてよく聞く疑問は「読んだマンガがLINEを通して友だちに伝わることはあるのか」という点です。自分がどんなマンガを読んでいるかはプライベートな情報であり、タイムラインなどに自分の読んだマンガが載ってしまわないかを気にしている方も少なくありません。

前述しましたが、LINEマンガはLINEと連動しており、共有や友だちにおすすめする機能がついているのが特徴ですが、共有した友だちには、読んでいるマンガは知られてしまいます。しかし、逆に共有していなければ、読んでいるマンガが外部に漏れることはありません。操作も多少誤った程度では完了画面までいかないため、安心して利用することが可能です。

スマホでしかマンガは読めない?

LINEマンガのアプリはスマートフォンやタブレットにしか対応していませんが、PCなどでもマンガを読めるように、LINEマンガのWeb版もリリースされています

ただし、読めるのは作品の序盤やウェブトゥーンなどといった完全無料の部分と、有料で購入した単行本のみとなっています。また、単行本の購入ではマンガコインが使えず、日本円で支払う形式です。支払い方法はLINE Payやキャリア決済のほか、各種ウェブマネーを使うことができます。

まとめ

LINEマンガは、マンガ配信サービスとしては国内でもトップの人気を誇り、幅広いラインナップと作品を一気に読み進められるという強みがあります。LINEとも連携しているため、アカウントさえ持っていればアプリのダウンロードと認証をすませれば、簡単に始めることが可能です。

また、規模も人気も大きいサービスなだけあって、キャンペーンなども頻繁に開催しています。万人向けにおすすめできるサービスですので、もし興味がある方はぜひアプリをダウンロードしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました