bit

ジョナサンの「平野レミ」メニューを堪能

テレビのチャンネルをまわしていたとき、偶然、ある芸能人が目に入って、手をとめてしまうことってないだろうか。近頃、私のそれが平野レミだった。まるで彼女にエネルギーを吸い取られてしまったかのように見入ってしまう。これって私だけだろうか……。

平野レミといえば、シャンソン歌手であり、料理愛好家。エッセイを執筆したり、講演会を開催するほか、テレビや雑誌でも大活躍。また、和田誠の妻であり、人気バンド“トライセラトップス”のボーカル、和田唱の母親でもあるという、様々な顔をもつ。何はともあれ、良い意味であの豪快なキャラクターは、とても無視できない存在なのだった。

さて、そんなとき、ファミリーレストランのジョナサンで、平野レミプロデュースによる彼女ご自慢のメニューを期間限定で食べられるというではないか! これは行くしかない、というわけでさっそく出かけた。

『レミの美味』フェアのメニューは、デザートを入れて全部で4品。彼女ならではといったそのネーミングに惹かれて、“うっトリ・トマらんシチュー”を注文。アツアツのシチューは、トリとトマトに新鮮野菜が加わって、そのうえトロ〜リとろけたチーズが絶妙。シチューといってもトマトベースなのでしつこくなく、オニオングラタンスープのようなやさしい味で、身体が芯から暖まる。寒い時期にはぴったりだ。また、友人が食べていた“レミタスマーボーライス”もつまみ食い。これは、レタスのシャキシャキした食感と、ほどよい辛さのマーボーソースがたまらない。どちらも後をひく美味しさだ。

ところで、料理研究家がやまほどいるなか、なぜ平野レミとのコラボレーションを? 問い合わせたジョナサン広報部によると、「やはりレミさんは、芸能界でも料理に関する造詣が深いですし、料理愛好家として多くのファンを引きつけていますから」とのこと。

たしかに彼女は幅広い層に人気がありそうだし、それに「私はシェフじゃなくてシュフ」という彼女の言葉通り、メニューも気どらず、おふくろの味って感じで親しみやすい。とくにファミリーレストランには最適といえるのかも。とにかくレミレミ(そう呼んでしまいたくなる親しみやすさも魅力)のご自慢メニューがファミレスで食べられるなんてっ!この業界でもこうしたコラボレーションは画期的なのだそう。

ふと見ると、ちょうど隣に座っていた人が“豆腐の冷味(レミ)デザート”を食べていた。美味しそう……。よし、こんどはあれに挑戦しよう。まだ“はまぐりのおツナサラダ”も食べてないし。フェアは12月8日までだから急がなくては!(田辺 香)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2004年11月10日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。