bit

「コスプレキューピー」はどこまで行くのか

カエルの着ぐるみを着たキューピー、「うさ耳」のキューピー……。町を歩いていて、たまに見かける様々な変装をしたキューピー人形。先日、とある店の軒先で「コスプレキューピー」として売られていた数々の人形を目にした私はそのバリエーションの豊富さに唖然とした。

「バカ殿」「ゲゲゲの鬼太郎」「ルパン三世」ぐらいまでは以前にどこかで見たことがあったような気がしたが、「ウルトラマンキューピー」や「スパイダーマンキューピー」、果ては「氣志団キューピー」「ベッカムキューピー」なるものまで!いつの間にこんなことに。この分では「ヨン様キューピー」の出現は時間の問題であろう。

そんな様々なキューピーを眺めているうちに、そもそもキューピーってなんだろう、という疑問にぶつかった。家にあった「広辞苑第四版(岩波書店)」をひいてみると

“キューピー「Kewpie」 オニール(Rose O’Neill)のキューピッドの絵を模したセルロイド製のおもちゃ。頭の先が尖り、目の大きい裸体の人形。1910年代にアメリカで発売。”

とある。「キューピッド」から「キューピー」だったということすら初めて知った!

「キューピー公式サイト」によれば、キューピーの生みの親、「ローズ・オニール」は、1874年、アメリカ生まれの美しい女性天才アーティストで、1908年に豊かな自然からインスピレーションを受け、キューピーを生み出したとのこと。そのイラストが人気を博し、人形が売り出されると爆発的なブームに。アメリカでは「キューピー狂時代」とまで呼ばれていたそう。

と、まあそんなキューピーが今こうして「バカ殿」の格好をさせられたりしているわけなのだが、お店の方に「手作りなんですか?」と、うかがったところ、「いやー、どうなんでしょうね。中国の方で作ってるみたいで…、あっちの方がコストが安いというのでね」とぼんやりした答え。とにかく、こうしている今も中国の方で続々と「コスプレキューピー」が生まれ続けているのは事実らしい。(スズキナオ)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2005年1月20日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。