bit

一般人がもらえる「お天気証明書」って何?

「君のアリバイは崩れたよ。あの日は雨なんか降ってなかった。いいかげんに罪を認めるんだ!」刑事の一言にたじろぐ容疑者。お天気がきっかけでアリバイが崩れるって、サスペンスドラマによくある設定。でも、裁判になったら証拠がいりそう。いったい、誰が証明してくれるの?

調べてみると、世の中にはなんと、お天気の証明書があることが分かった。その名も「気象証明、気象鑑定」。犯行の証明用ってわけじゃなくて、一般人がもらえるもの。「3月4日6時、東京大手町の天気は雪」とか「3月12日、大阪市の降水量は1mm」とか、気象庁が証明してくれるらしい。

早速、気象庁に聞いてみた。「はい。気象証明というのは、観測された事実を証明するものです。一方、気象鑑定というのは、観測装置のない場所などについて、観測資料に基づいた推定を行うものです」ふんふん。でも私達、お天気の証明が必要なんてこと、ちょっとない。何に使うの?「ほとんどが、保険の請求のためのようです」あー、なるほど。筆者の知人も、落雷でTVが壊れて、保険金をもらったって言ってた。

ところで気象庁では、桜(ソメイヨシノ)の観測をしている。ってことは、「桜の開花」証明なんてのも、もらえるのかな?「確かに観測はしているのですが、証明は聞いたことがありません…担当箇所に確認して折り返しお電話します」どうも、妙な質問をしてしまったみたい。

30分ほどして、丁寧なお答えを頂いた。「証明・鑑定の範囲は、気象、地象(地震など)、水象(波の高さなど)に該当するものとなっています。桜の開花はこれに該当しないので、気象庁では証明できないのです」とのこと。分かりやすい回答に感謝。

試しに一通取り寄せてみよう、と思ったんだけど、値段を見てくじけた。証明が5,200円〜、鑑定が7,800円〜。「気象庁のHPに過去のデータが出ています。証明までしなくても、HPで済んでしまうことも多いようです」とのことでした。(R&S)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2005年3月22日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら