bit

「ゾウの足で作った椅子」が見られる場所とは?

入り口を入ると、ウミガメやワニのはく製、ヘビ皮のベルト、ゾウの足で作った椅子と、いきなりキナくさ〜い展示物の数々。まるで山奥にひっそりたたずむ秘宝館のように、あやしいモノがまとめて見られるのが、神戸税関の広報展示室である。

この広報展示室は、税関の仕事や歴史を広く知ってもらおうと、税関の一角にある展示スペースを無料で開放しているもの。目的はいたってまっとうなのだが、その仕事が仕事ゆえ、展示物はワシントン条約該当物品や、輸入が禁止されているけん銃や麻薬、ブランドのコピー品等々……と、やったり持ったりしてはいけないモノが一堂に会した、ちょっとめずらしい展示スペースになっているのだ。

なかでも目をみはるのが、「みて、さわって」体験できる「プレイ体験ゾーン」。
ブランド品のバッグや靴など、うりふたつの商品がふたつずつ並んでいて、そのどちらかをテーブルにのせると、本物かにせものかを教えてくれるという。手にもってあちこち見てもわからないコピー商品の精巧さもすごいが、上に置いただけで「にせものです」と即座に答える、この機械がまたすごい! いったい何に反応しているんだ!?

また、お菓子の箱や辞書がいくつか置かれていて、金属探知器を使って隠されたけん銃を探すというゲーム感覚のコーナーも。初めて手にした金属探知器は、あやしいものを見つけると、発情期のネコのような奇声を発してびっくりさせられるが、見つけたときの気分はもう刑事である(ほんとは税関職員なのだが)。

さらに奥には、タイヤやバットや消化器に巧みに隠された覚醒剤とか、金ののべ棒を隠す特製チョッキなんかも展示されている。まあそれを見たところで、感心していいのか憤慨すべきなのか、リアクションにはちょっと困るのだけど、こうして「いけないモノ」がふたたび日の目を見る場というのも、なかなか興味深いものです。(矢部智子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2005年3月29日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース