bit

アメリカ人に虫歯が少ないのは水道水のおかげ?

アメリカで水道水にフッ素を添加する「フロリデーション」が始まって今年で60年を迎えるという。

ところでフロリデーションって何?

簡単に言えば「水道水へのフッ化物添加」。日本ではこのフロリデーションは全く実施されていないので、馴染みがないのも当然のこと。
しかしながら、歯磨きに配合されているフッ素や、子供の歯科検診などでフッ素を塗られることもあるので、フッ素は虫歯予防に繋がるということはご存知の方も多いだろう。

水道水に含まれている天然ミネラルの一つにフッ素がある。そのフッ素をちょうど良い濃度に調整する方法を「フロリデーション」というのだが、現在全米で1億6千万人が水道水から、1千万人が自然水からフッ素による虫歯予防の恩恵を受けているという。自宅が井戸水という理由でフッ素のサプリを飲んでいる人もいるくらいだ。

砂糖の消費量がゼロに近かった戦後の日本では、虫歯の数は世界で最も低かった。
日本大学教授で歯学博士の小林清吾教授によると、現在においても日本の砂糖の消費量はアメリカの半分にもかかわらず、フロリデーションのためか、虫歯は断然日本に多いという。

日本では赤ちゃんが歯が生えたと同時に歯磨き教育には力を入れているように思う。
小学校で給食後に歯磨きを実施している学校も多く、ランチ後に職場の洗面所で歯を磨く女性を見かけるのも日本くらいではないだろうか。
そして厚生労働省のデータによると年々、一日に3回歯を磨く人が増えている、という事実があるにもかかわらず虫歯が多い日本。
やはりフッ素が足りないのではないだろうか。
現在約60カ国で水道水のフッ素化。水道水の代わりに食塩にフッ素添加をしている国が30カ国もあるというのに、日本はどちらにも入っていない。

そんな水道水を飲んでいるアメリカ人なので、虫歯は気にならずとも白さや歯並びを
徹底重視しているようだ。

最近「歯のホワイトニング」をしている人が多く、高額な歯科のレーザーホワイトニングを受けずとも、自宅でできるホワイトニングに人気が集まっている。
歯に塗るマニキュアタイプのものから、歯に張り付けるテープやマウスピースのブリーチタイプのものなどがあり、不自然は蛍光っぽい真っ白な歯をした人が多くなってきている。(シカゴ/あらた)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2005年9月8日のコネタ記事
「アメリカ人に虫歯が少ないのは水道水のおかげ?」の みんなの反応 4
  • 無視葉 。 通報

    日本では 上水道にフッ素を入れると、虫歯になる人が減るから、歯科医師会が猛反対している、影の力で阻止しているのです。町の歯医者が潰れるのを防いでいるのです。(''◇'')ゞ

    1
  • フッ素 実は毒 通報

    フッ素を摂取する年齢が若ければ若いほど発がんの危険が高まります。日本でフッ素を水道水に添加した場合、全国でがん患者が3万人増えるとする推計もあります。

    0
  • フッ素は毒ですよ 通報

    フッ素は成人では約90%が尿中に排泄され、残りは骨に沈着する。子供は、30~40%が骨に沈着するといわれている。これにより、骨の異常やがんの発生率が高まると考えられている。

    0
  • フッ素を飲料水に入れるのは危険 通報

    飲料水にフッ素を添加している地域では、注意欠如多動性障害(ADHD)の子どもが多い。ハーバード大学をはじめとした研究機関は、ADHDの原因のひとつとしてフッ素を挙げている。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース