bit

好色チャップリン一代記

介護施設で働く友人が、先日、得意げにこんな話をした。
「レクリエーションで、施設のおじいちゃんおばあちゃんたちに『チャップリン』の人生を年表にして見せてあげたら、これがもうバカウケでさ〜!!(笑)」
あれ? バカウケって作品でじゃなくて、人生で? 私の知ってるチャップリンとは別人? 喜劇王の、『ライムライト』『殺人狂時代』とかで有名なチャップリンじゃないよね?
「いや、それはどうでもいいけど(←いいのか!?)。チャップリンって、結婚しまくり、子どもつくりまくりだったの、知ってた?」

思えば、チャップリンの作品を観たことはあっても、彼自身の恋や結婚に興味を抱いたことはなかった。
映画『チャーリー』では、確かに女性遍歴が華やかだったことが描かれていた気はするが、でも、「バカウケ人生」だっけ?
そこで、チャップリンの意外な一面、色恋沙汰のみをピックアップして、調べてみた。

チャップリンの結婚は、友人が熱く語った通り、生涯に4回!
初婚は1918年、28歳のとき。まだ16歳だったミルドレット・ハリスと結婚し、翌年、長男が誕生。しかし、不幸にも3日後に死去し、妻とは2年で離婚している。
そして、24年に2度目の結婚は34歳のときで、相手は16歳のリタ・グレイ。実は、彼女に目をつけたのは『キッド』出演時の12歳のときというから驚きだ。
彼女との間には2人の子、チャールズ・チャップリンJr.とシドニー・チャップリンをもうけたが、3年後に離婚。

3度目の結婚は36年、46歳のときで、相手はまたしてもギリギリとはいえ10代の、19歳だったポーレッド・ゴダード。彼女とも6年で離婚。
そして、4度目の結婚は43年、53歳のとき。
ここまでくると、もう聞いているほうが期待してしまうところだが、そこは大スター。やっぱり、またしてもお相手は10代で、18歳だったウーナ・オニール。
彼女とは生涯連れ添うが、さらにスゴイのは、できた子どもの数がなんと8人ということ!
8人目の子ども、クリストファー・チャップリンが誕生したのは62年というから、73歳ぐらいで子どもを作っていることになる。

また、結婚以外にも、数々の浮名を流していたというから、驚異的だ。すげえよ、チャップリン!!

ピカソやゲーテの女性遍歴も有名だし、偉人に色恋はつきものなのかもしれないが、改めて調べてみると、つくづくお達者ぶりに感心するチャップリンの恋多き人生。
そして、それをバカウケして聞き入るおじいちゃん、おばあちゃんたちも、「おぬしも好きよの〜」といったところで。
(田幸和歌子)
コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2006年8月7日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。