“寝るも商売” 4週間の欠場が鈴木愛の2週連続Vに与えた影響を考察【辻にぃ見聞】

“寝るも商売” 4週間の欠場が鈴木愛の2週連続Vに与えた影響を考察【辻にぃ見聞】
先週の「TOTOジャパンクラシック」で米ツアー初優勝を挙げた鈴木愛。左手親指のケガで「日本女子オープン」など4試合を欠場したものの、復帰2戦目となる「樋口久子 三菱電機レディス」で今季5勝目を挙げると、2週連続で勝利をつかんだ。この連勝の要因を上田桃子らのコーチを務める辻村明志氏はどう見たのか。また今後の賞金女王争いも占ってもらった。
ほどよくすっきり 鈴木愛の最新ドライバースイング【動画】
■鈴木愛だからこそ有効に働いた“空白期間”
初日にハナ・グリーン(オーストラリア)と並ぶトップに立つと、2日目に単独首位に躍り出た鈴木。そのまま最終日も逃げ切り、史上3人目となる2週連続の完全優勝を果たした。この連勝を見て辻村氏は、鈴木愛が「ゴルフという言葉を聞くのも嫌だった」とクラブを握らない期間も設けた“空白の4週間”が、いい方向に働いたのでは、という見方をした。
「“練習の虫”として知られる鈴木選手にとって、練習をしないという選択はすごく勇気が必要だったと思う。でも、あれだけ自分を追い込んできた選手が、休むことでニュートラルになり、再び状態を上げる、というのはあることです」
鈴木は、試合から離れたこの4週間のうち、特に最初の2週間は「ゴルフのことは一切頭から離して、プライベートのことばかりを考えていました」と、クラブを握らない日々を送った。パットに悩んだことで、精神状態が落ち込むなか、初の一人暮らしなどをしてリフレッシュ。久々にパターを握った時には、「ストロークの仕方も忘れていた(笑)」ほどだったという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2019年11月12日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里優作」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュース

次に読みたい関連記事「谷口徹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「堀琴音」のニュース

次に読みたい関連記事「堀琴音」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。