大振りしがちなアマ必見! 成田美寿々のパンチショット【女子プロの匠】

大振りしがちなアマ必見! 成田美寿々のパンチショット【女子プロの匠】
上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が、女子プロの中でも特に“うまい!”と思う選手のプレーをピックアップし解説する「女子プロの匠」。今回は成田美寿々のパンチショットをチョイス。
これが成田美寿々のパンチショットだ!【連続写真】
低い弾道でラインを出していくスリークォーターショット、すなわちパンチショットといえば成田美寿々の代名詞。川岸史果も「成田さんはパンチショットの名手。とてもいい参考になっています」という、まさに自他ともに認める武器だ。
2年前の「ULインターナショナルクラウン」で自分のゴルフスタイルがまったく通用しなかったことから、一時は高弾道の球を取得しようとして悩んだ時期もあったというが、本来の姿であるコントロールショットを磨いたほうがいいという考えに至り復活。昨年8月の「大東建託・いい部屋ネットレディス」で優勝を挙げた。
風が強い日はもちろん、ラインを出したいときなど活用の幅が大きいパンチショット。辻村氏は、27歳にして13勝を挙げる名手の伝家の宝刀を「クラブの動き、体の向き、体のエネルギーの使い方が1つの方向にちゃんと集まっている」と解説する。
「高い球を打とうとしていたときの成田さんは、目線が上がり、体が上を向くフォロースルーになっていました。そもそもトップが低く、インパクト後に大きなフォローを出さず低くクラブを返さずに出していくスリークウォーターショットとハイボールでは真逆の目線、真逆のクラブの入れ方、真逆の体の動きですから。ムリしてボールを上げようとヘソが上にのけぞるようなバランスが多くなっていました。つまり大振りです。上げようとするあまりバラバラになって、ヘッドスピードはあるのに力のない打球となっていました」(辻村氏)

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「大山志保」のニュース

次に読みたい関連記事「大山志保」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「笠りつ子」のニュース

次に読みたい関連記事「笠りつ子」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月7日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。