「自分はどこを狙っていいか(笑)」稲見萌寧は渡邉彩香のビッグドライブに戸惑い…も好発進
拡大する(全1枚)
<ブリヂストンレディスオープン 初日◇19日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)◇6713ヤード・パー72>
賞金女王の調子が完全に戻ってきた。「優勝争いをしていればいつか優勝できる」と気負わずに臨んでいる稲見萌寧が、大会初日をボギーなしの4バーディで回り、4アンダー・単独3位の好発進だ。
シブコとモネの仲良しウォーキング
今季は途中で2位タイの成績がありながらも、開幕戦から苦戦が続いた。だが、直近2試合は3位タイ。昨季9勝の女王にようやく安定感が帰ってきた。「ノーボギーで回れたのがいちばんうれしい。難しいコースで60台で回れたのもうれしいです」と笑顔がはじける。ショットには不満を残したが、パッティングでは微妙な距離を決めるなど、しっかりとスコアをまとめた。
この日は渋野日向子、渡邉彩香との組で大ギャラリーを引き連れてのプレー。「たわいもない話です」と渋野との会話の内容は明かさなかったが、「楽しく回れました」とにこやかに会話を楽しむシーンも見られた。渡邉のプレーからは刺激を受けた、というより“戸惑った”と明かす。
「彩香さんのドライバーショットは迫力があって気持ちいい。ですが、そのあと自分はどこを狙っていいか分からなくもなりました(笑)」。フェードヒッターという共通点はあるものの、あまりにも狙い方が違う飛距離モンスターの渡邉との一日を振り返り、ジョークを飛ばす余裕もみせた。
とはいえ、渡邉(2アンダー)を上回るスコアで初日を乗り切った。「きょうは午前組で風も少ない中だったので、あすは午後スタートで風もあるかもしれないですけど、耐えながらやっていきたいです」と気を引き締める。
明るさが戻ってきた稲見。昨年11月の「伊藤園レディス」以来のツアー通算11勝目は刻々と近づいている。

■ブリヂストンレディスオープン 初日の成績
■稲見萌寧のドライバースイングをコマ送りで【連続写真】
■トレーナーに続きドライバーも決定か 稲見萌寧はシャフト変更でティショット安定「今年一番」
■稲見萌寧はキングの教え子の一人 「小学生の頃から他人を寄せつけないオーラを発していた」【シニア賞金王・篠崎紀夫のミチノリ】
■全米プロのスタート時間