無印良品、新潟県・広島県の3店舗で漢方薬を11月18日より販売 更年期や月経関連の症状など女性の悩みに寄り添った漢方薬7種類
無印良品を展開する良品計画は、11月18日より、更年期や月経関連の症状など女性の悩みに寄り添った漢方薬7種類(第2類医薬品)を「まちの保健室」を設置している3店舗(直江津・広島アルパーク・ゆめテラス祇園)にて販売を開始すると発表した。

無印良品、新潟県・広島県の3店舗で漢方薬を11月18日より販...の画像はこちら >>
漢方薬イメージ同漢方薬は、無印良品内で健康維持・病気予防のための商品・情報・サービスなどを提供する「まちの保健室」で販売。
漢方薬の7種類は、「まちの保健室」の活動の中で参加者からもらった要望や意見から選定したという。

なお、第2類医薬品の販売にあたり、当該3店舗には、薬剤師または登録販売者が常駐し、購入時に健康相談やアドバイスも行うとのことだ。

同社は、引き続き「まちの保健室」の活動を推進し、「まちの保健室」の利用者から寄せられた悩みの中でも特に多かった「健康なからだづくり」、「ダイエット・メタボ対策」、「睡眠・ストレス」、「健やかな肌」、「女性特有の悩み」などに対しても医薬品、健康食品などの商品企画・開発や商品・情報・サービスの提供を行っていくとしている。

■商品概要

無印良品の漢方薬は、添加物を含まない生薬のみを配合した煎じ薬。煎じ薬とは、植物の根や果実などの生薬のみを煮出して飲む薬のことで、煎じることで生薬に含まれる成分がじっくりと抽出されるという。

発売日:11月18日
取り扱い場所:無印良品直江津・無印良品広島アルパーク・無印良品ゆめテラス祇園内の「まちの保健室」

無印良品、新潟県・広島県の3店舗で漢方薬を11月18日より販売 更年期や月経関連の症状など女性の悩みに寄り添った漢方薬7種類
商品一覧