テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入 約15,000基の鉄塔点検を自動化
Terra Drone(テラドローン)は、九州電力送配電にて、AIによるがいし自動検出機能を搭載したドローンを用いた自動鉄塔点検システムを、九州エリア約25,000基の鉄塔のうち、同システムを適用可能な標準的な形状の鉄塔約15,000基まで運用を拡大すると発表した。

テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔...の画像はこちら >>
テラドローン、九州電力送配電にAIを搭載したドローン自動鉄塔点検システムを導入同システムは、鉄塔の形状に合わせて自動でドローンの飛行経路を生成し、点検時には操縦操作することなく、鉄塔点検作業を全て自動で行うことが可能。


また、劣化状況を詳細に確認する必要がある“がいし”はAIが自動検出し、カメラのズームアップやがいし一個一個の追従・撮影も全て自動で行うという。これにより、操縦者による手動での飛行操縦やカメラの調整・撮影が全て不要となる。

同システムの導入により、鉄塔点検作業は、操縦者と監視者の2名体制で、22万ボルト級の鉄塔では1基あたり約60分で行うことが可能となり、点検時間は従来と比べて約50%削減されるとのことだ。

今回、九州エリア約25,000基の鉄塔のうち、同システムを適用可能な標準的な形状の鉄塔約15,000基の鉄塔点検作業に運用を拡大。同システムの導入を通じて、鉄塔点検作業の大幅な効率化を実現していくとしている。