PayPay資産運用、つみたて設定ごとにPayPayポイント利用選択可能に
PayPay証券は、キャッシュレス決済サービス「PayPay」内のミニアプリとして提供している「PayPay資産運用」において、PayPayアプリ上でのポイントの利用設定を「貯める」に設定したままでも、「PayPay資産運用」でPayPayポイントが使えるように機能改善した。

PayPay資産運用、つみたて設定ごとにPayPayポイント...の画像はこちら >>
PayPay資産運用、つみたて設定ごとにPayPayポイント利用選択可能にこれまでPayPayポイントの利用設定を「貯める」にしている場合、「PayPay資産運用」ではPayPayポイントを使った購入ができなかった。
今回の機能改善により、「貯める」に設定したまま、PayPayアプリでの決済時にはPayPayポイントを貯めながら、「PayPay資産運用」の購入時にPayPayポイントを利用できるようになった。

また、今後はつみたて設定ごとに「PayPayポイントを使う」「PayPayポイントを使わない」を選択可能に。支払い方法が「PayPayマネー」「PayPayクレジット」の場合、どちらでもPayPayポイントと併用できるという。

なお、「PayPayクレジット」とPayPayポイントを併用する場合、PayPayポイント利用分の「つみたて還元プログラム」でのポイント付与率が低くなる場合があるとしている。

加えて、今回の機能改善により、「PayPay資産運用」において、通常の株式・ETF・投資信託の購入時にPayPayポイントを「使う」に設定して注文した場合でも、PayPayアプリ上でのポイントの利用設定は影響を受けないようになったとのことだ。