日本航空(以下、JAL)は、航空業界の持続的な成長・発展に向けた調査研究を行う新たなグループ会社「JAL航空みらいラボ」を7月1日に設立すると発表した。

JAL航空みらいラボは、JALが持つ航空に関する専門的な知見に加え、教育機関や研究機関などの社外からの幅広い見識を取り入れた客観的な調査研究を推進することで、航空業界の持続的な成長・発展に貢献するとしている。


■具体的な活動内容
・航空業界および関連する諸分野に関する総合的な情報の収集、分析、調査研究および課題解決支援