菅政権は「働き方」をどう変えるのか~日本郵便の格差是正訴訟で契約社員側が勝訴

菅政権は「働き方」をどう変えるのか~日本郵便の格差是正訴訟で契約社員側が勝訴
       

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月16日放送)に元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が出演。日本郵便の格差是正訴訟で契約社員側が勝訴したニュースについて解説した。

菅政権は「働き方」をどう変えるのか~日本郵便の格差是正訴...の画像はこちら >>

【日本郵便待遇差訴訟】最高裁判所へ入る原告団=2020年10月15日午後、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社

日本郵便の格差是正訴訟で契約社員側が勝訴

日本郵便の非正規雇用の契約社員らが、扶養手当など5項目の手当や休暇が正社員だけに与えられているのは、不合理な格差にあたるとして格差是正を求めた3件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷は10月15日、いずれも不合理と認め、原告側勝訴の判決を言い渡した。裁判官5人全員一致の意見だ。日本郵便の実態に応じた判断だが、扶養手当は多くの企業が採用していて影響が広がる可能性がある。

飯田)日を近くして、「同一労働同一賃金」についての最高裁判決が2件出ています。これがまた判断に迷うのは、一見すると正反対のように見えてしまうところですが、どうご覧になりますか?

菅政権は「働き方」をどう変えるのか~日本郵便の格差是正訴訟で契約社員側が勝訴

契約社員が正社員との「待遇格差是正」2件の訴訟 最高裁「非正規」に厳しい判断 原告「不当判決」=2020年10月13日午後、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社

日本企業は正社員に付いている余禄を剥ぎ取る方向に行く~従来の終身雇用制度に代表される日本のカルチャーは崩れる

松井)いま潮目が変わりつつあるのだと思います。最高裁自身もケースごとに、まだ逡巡しているところがあるのではないでしょうか。「同一労働同一賃金」または、「同一価値労働同一賃金」と言うこともありますが、これは基本的に厚生労働省の方針ですし、多くの政党、自由民主党のような、そういうことに保守的であった政党も含めて、その価値というものを認めているわけです。竹中平蔵さんがそれをずっとおっしゃっていて、保守的な方によれば、「日本の正規労働を崩壊させる」という議論もあります。ですから同一価値労働同一賃金と言っても、仕事の中身という側面だけではなく、責任や配置転換の可能性など、いろいろなことを含めて総合的に見ることが判例だし、政府の考え方でもあるのだとは思います。しかし、少なくとも私が見る限り、それが揺れているように見えるし、流れとしては、こういう勝訴が出て来ると、今後いろいろな訴訟がたくさん出て来ることでしょう。今後は全体として、日本の企業側は従来の正社員とパート・バイト、というものの差を少なくせざるを得ない。どういう形で少なくするかというと、パートやアルバイトの立場を強くするのではなく、むしろ逆に、「正社員に付いているいろいろな余禄を剥ぎ取る」という方向に行くのだと思います。従来の、「みんなで一斉に大学入試の試験を受けて、就職試験で一括に採用して、40年間勤めて、定年になり退職する」という日本の社会のカルチャーそのものが、チャレンジに立たされて行くのではないでしょうか。


あわせて読みたい

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月16日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。