歌手の山本譲二が、3月16日のニッポン放送「春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ」に出演し、溺愛する孫との秘話を明かした。

山本譲二「この子はすごい」「天才じゃないか」と思った孫の言動...の画像はこちら >>

2017年に長女で活動休止中の歌手・琴乃に息子が誕生し、初孫を溺愛していると語った山本。

今年に入り次女も結婚したことを寂しがっていた山本だが、孫が度々自宅に遊びにくることから、家族団欒のときを過ごしているという。

昇太:お孫さんは、たまには来るんですか?

山本:この間、あの子が3月2日が誕生日で来て、すぐテレビの前に座って、YouTubeか何かにかえてるんですよ。「何やってるの?」って聞いたら、「じいじ、マリオさんゲームを作ってるんだよ」って。

昇太・乾:ええ?

山本:「マリオさんゲームって、やってるんじゃなくて作れるの?」って聞いたら、「作れるけど、もう、じいじうるさい、黙ってて」って。

昇太・乾:あははは(笑)。

山本:「もう口マナーモードにして」って言われて、「この子はすごい!」と思ったんです。

「口をマナーモードか……この子、天才じゃないか!」って。可愛いですね~。

昇太:お孫さんが来たときなんかは、奥さんも喜ぶでしょ。

山本:女房はもっと可愛いみたいですね。それで、「じいじ、マリオさんゲームが終わったら散歩に行こう」って。「え、それって俺が言う言葉でしょ?」と(笑)。

孫の大人びた言動の数々に驚かされ、「可愛くてたまりませんよ」とデレデレの様子だった山本。

山本譲二「この子はすごい」「天才じゃないか」と思った孫の言動

2人の娘が結婚して自宅にいないことを寂しがっていた山本だが、「宝物が増えました」と、孫との時間を大切にしていると明かした。