笹川美和 重要文化財に響かせた16年目の進化
拡大する(全3枚)

昨年デビュー15周年を迎えたシンガーソングライターの笹川美和が、6月29日(土)に国の重要文化財に指定されている、東京の自由学園 明日館 講堂にて単独公演「笹川美和 Concert 2019 ~薄暑に鳴る笹の葉音~」をおこなった。

笹川美和 重要文化財に響かせた16年目の進化の画像はこちら >>

チケットが完売となった本公演では、新旧織り交ぜた選曲で、タイトル通りの季節に合わせたテーマ性のある全15曲を披露。

BGMのクラシックミュージックと建物の雰囲気が会場内を静謐なものにし、開演への期待感が満ちてくる頃、BGMが落ち、会場が仄かに暗く鳴ると、サポートメンバーの山本隆二(Pf/Key)・設楽博臣(Gt)2人がステージに登場。それに続くように笹川がステージへ。

拍手が鳴り止み、「星の船」で静かに幕を開け、艶と透明感のある歌声で会場をやさしく包み込む。来場者に笹川から挨拶があり、その後、小雨が降ったり止んだりの当日の天気にぴったりの「晴れてくるだろう」、颯爽としたギターのストロークと穏やかに跳ねるピアノの上で「緑の絨毯」を歌い上げたのち、Kan Sanoプロデュースの「高鳴り」で軽やかに胸の高鳴りを表現。

笹川美和 重要文化財に響かせた16年目の進化

続くMCではサポートメンバー2人を紹介。“令和になった瞬間に何をしてたか”をそれぞれに聞くが、設楽からは「覚えていない」、山本からは「寝てました」という返答に笹川が肩を落とす場面も。

そしてここから、大橋トリオ楽曲提供による「紫陽花」、流麗な「蓮華の花」「流れ星」と続いて、「亡者」「咎」と徐々に笹川美和の深みを会場に響かせて行った。


この記事の画像

「笹川美和 重要文化財に響かせた16年目の進化」の画像1 「笹川美和 重要文化財に響かせた16年目の進化」の画像2 「笹川美和 重要文化財に響かせた16年目の進化」の画像3