樋口日奈、乃木坂46の艶番長が“世にも強烈なインパクト”で視聴者をクギ付けに!

樋口日奈、乃木坂46の艶番長が“世にも強烈なインパクト”で視...の画像はこちら >>


 乃木坂46のイメージを覆すような規格外の艶っぽさに、視聴者も意表をつかれたようだ。


 6月18日に放送された「世にも奇妙な物語’22 夏の特別編」(フジテレビ系)に乃木坂46樋口日奈が出演。謎めいた配達のお姉さん役を演じて、視聴者に衝撃を与えた。


 樋口はKis-My-Ft2北山宏光が主役を務めたミニドラマの「オトドケモノ」に登場。北山の演じる主人公がスマホで夕食を頼もうとして「オトドケモノ」という宅配アプリを偶然に発見するという物語だ。そのアプリは、ありとあらゆるものを注文できるうえに、2秒で届けてくれる優れもので、主人公は次第にそのアプリに惹かれていくという内容だった。


 樋口が演じたのは、その注文品を届ける配達員。その初登場シーンでいきなり、視聴者の度肝を抜いたのである。


「樋口は金髪ヘアにノースリーブのトップス、ショーパンというコーデで登場。おへそがチラ見えしているうえ、胸元がバッチリと空いたトップスからは深めの谷間が見えていたのです。金髪ヘアもあいまって、その女性配達員が樋口だと気づかなかった人も多かったことでしょう」(エンタメ誌ライター)


 注文された品物を持ってきた際には、その袋をちょうど胸元の高さに持ち、持ち手の輪っか部分に両胸の境目が収まって見えるという艶シーンも用意。普段ならグラドルが担当するような役柄に釘付けとなった視聴者が続出していたようだ。


 番組終了後には、樋口の愛称である「ひなちま」がツイッターでトレンド入り。ファンからは≪こんな配達員がいたら俺も毎日、デリバリー頼んじゃう≫といった声が続々と寄せられていたのである。