課題も見えてきた「電子棚札」、スマートフォンで「口コミ」チェックも

課題も見えてきた「電子棚札」、スマートフォンで「口コミ」チェックも
ビックカメラやノジマも「電子棚札」を積極的に導入
       
 【家電量販のDX・中】家電量販店の現場に「電子棚札」の導入が増えている。2020年は国内小売業でもデジタルトランスフォーメーション(DX)の展開が予想される中、電子棚札は人手不足の解消や店員の生産性向上を促すツールとして期待されている。しかし、まだ万全ではなく課題も抱える。その課題を考えるとともに、ビックカメラとノジマの最新の取り組みを紹介する。

●「電子棚札」の課題とは
 前回の連載で電子棚札を導入する意義やメリットについて触れた。詳細は関連記事を参考にしてほしい。
<関連記事>
家電量販のDX・上=https://www.bcnretail.com/market/detail/20200102_150984.html
 電子棚札の課題はまず、価格が目立たないということがある。この点は、スマートすぎるが故の弱点になってしまう。特価感やセール感を演出するには、黄色や赤色のベタ地に価格を大きく表示して遠くからでも目立つようにする従来手法が有効となる。
 19年6月にオープンした大阪・難波の「エディオンなんば本店」の売り場でも、電子棚札を採用するコーナーとそうでないコーナーにメリハリをつけていた。例えば、人気の高いスティック型掃除機の売り場では、実機と一緒に箱詰め展示したボリューム感とオープン特価のお得感を演出するために、従来型のプライスカードを使っていた。画面が小さい電子棚札は、ド派手感を演出するのは苦手だ。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月3日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。