「従量電灯B」のままが無難? 料金プラン・電力会社変更は状況によっては慎重に

「従量電灯B」のままが無難? 料金プラン・電力会社変更は状況によっては慎重に
電気・ガス料金プランの試算例
 2016年4月の電力小売自由化から4年、17年4月のガス小売自由化から3年。「電力会社・ガス会社を変更すれば今までより光熱費が安くなる」とお得な情報を見聞きしても、気にも止めず、聞き流していた人は多いはず。記者もその一人だったが、自宅に届いた「電気使用量のお知らせ(検針票)」の4月~5月中旬の1カ月間の電気代に驚き、東京電力エナジーパートナー(東京電力EP)のウェブサイト「電気・ガス料金プラン試算」で試算し納得した上で、従来の「従量電灯B」から、電気料金に応じてポイントがたまる新しい料金プラン(新プラン)に変更した。
 「プレミアム S/L」「スタンダード S/L」など新プランに移行するメリットは、申込時にもらえるポイントと、毎月の電気料金に応じたポイント還元。たまったポイントは、電気料金の支払いに使えるほか、会員制ウェブサイト「くらしTEPCO」から手続きすると、最小300ポイントからdポイント/Pontaポイント/nanacoポイント/WAONポイントに交換でき、Pontaポイント/Tポイントに限り、自動交換コースを選ぶと自動的に交換してくれる。
 ただ、申込時の注意事項や約款を見て、新プランは全家庭におすすめとは言い難いと分かった。ここでは気になった変更点を挙げていくが、自分には合わないと感じたら止めたほうがいい。もちろん、ポイントがもらえるメリットを重視するなら、今すぐ新プランへの変更・他の電力会社への変更をおすすめしたい。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月22日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。