「海に還ったたこ八郎、空に消えた坂本九、佳人薄命の象徴となった夏目雅子。わずか50日間に相次いだ予想外の死」1985(昭和60)年【宝泉薫】

「海に還ったたこ八郎、空に消えた坂本九、佳人薄命の象徴となった夏目雅子。わずか50日間に相次いだ予想外の死」1985(昭和60)年【宝泉薫】
拡大する(全4枚)

死のかたちから見えてくる人間と社会の実相。過去百年の日本と世界を、さまざまな命の終わり方を通して浮き彫りにする。第11回は1985(昭和60)年。異形の芸人と海外にも知られた歌手、芝居と恋に生きた美人女優の最期である。





■1985(昭和60)年たこ八郎(享年44)坂本九(享年43)夏目雅子(享年27)



 今夏の民放連ドラで最もヒットしたのが、日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)だ。終盤には、主人公の妹がテロリストに殺される。若くて可憐で天真爛漫だったヒロインの死は予想外で、大きな衝撃をもたらした。これはフィクションだけとは限らない。現実においても、死は予想外であるほど衝撃的で、印象に残りやすいものだ。



 そんな予想外な死が、相次いだ年がある。1985(昭和60)年だ。



 まず、7月24日、コメディアンのたこ八郎が44歳で亡くなった。焼酎を飲んで海で泳いでいるうちに、心臓麻痺を起こしたらしい。







 たこは元ボクサーで、日本フライ級チャンピオンまで登りつめた。劇画「あしたのジョー」の主人公のモデルともされる。相手に打たせるだけ打たせ、疲れたところを仕留めるという戦法を得意としたが、それが祟り、パンチドランカーになって引退した。その後もおねしょや物忘れに悩まされ、鍋を作れば食材と間違えて財布を入れるほどボケていたという。



 ただ、このボケっぷりがコメディアンとしては得難い味となる。タモリら才人に愛され、バラエティーの「今夜は最高!」(日本テレビ系)や映画「幸福の黄色いハンカチ」などで活躍した。

この記事の画像

「「海に還ったたこ八郎、空に消えた坂本九、佳人薄命の象徴となった夏目雅子。わずか50日間に相次いだ予想外の死」1985(昭和60)年【宝泉薫】」の画像1 「「海に還ったたこ八郎、空に消えた坂本九、佳人薄命の象徴となった夏目雅子。わずか50日間に相次いだ予想外の死」1985(昭和60)年【宝泉薫】」の画像2 「「海に還ったたこ八郎、空に消えた坂本九、佳人薄命の象徴となった夏目雅子。わずか50日間に相次いだ予想外の死」1985(昭和60)年【宝泉薫】」の画像3 「「海に還ったたこ八郎、空に消えた坂本九、佳人薄命の象徴となった夏目雅子。わずか50日間に相次いだ予想外の死」1985(昭和60)年【宝泉薫】」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク