岸田政権という名の安倍延命政権【適菜収】

岸田政権という名の安倍延命政権【適菜収】
拡大する(全1枚)

評論家・中野剛志氏との共著『思想の免疫力 賢者はいかにして危機を乗り越えたか 』がロングセラー中の作家・適菜収氏。隔週連載の痛快時評第4回。デマ、噓で塗り固め、おどおどしながら隠蔽する姿を晒す岸田文雄総理大臣を見れば、日本がどんな勢力によって支配されているかが分かる。岸田首相はちょっとした会見でも常に言葉に詰まり、どもり、目が泳ぐ。一体あれは何だろうか?





  



 2019年、自民党による大規模買収事件が広島で発生。元法相の河井克行が公選法違反(買収、事前運動)で実刑って、自民党はどこまで腐っているんだろうね。



    *



 では誰が指示したのか。当初、党幹部は口を濁して逃げ回っていたが、今年5月24日、二階俊博が「党全体のことをやっているのは総裁(当時の安倍晋三)とか幹事長の私。党の組織上の責任はわれわれにある」と自白。菅義偉も「当時の(自民党)総裁と幹事長で行われていることは事実ではないか」と発言(6月17日)。当時の総理大臣と党幹事長が責任は安倍にあると名指ししたわけだ。



    *



 自民党本部が河井案里(有罪確定)陣営に流した1億5千万円について、岸田文雄は、「買収原資として使われなかったことは、十分説明された」との認識を示したとのこと。これで、岸田の正体がはっきりした。要するに安倍延命政権。岸田が総裁選のときに掲げていた比較的まともな政策も、ほとんど撤回された。騙すほうも悪いが、何度も同じようなものに騙される連中も相当タチが悪い。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク