LIXIL、日本の大企業で“初の事態”…瀬戸氏勝利は内紛「第3ラウンド」の開始にすぎない

 首脳人事をめぐる混乱が続いてきた住宅設備大手、LIXILグループの定時株主総会は6月25日、東京・中央区銀座の住友不動産汐留浜離宮ビル、ベルサール汐留で開催された。午前11時に始まった総会には、前年の168人を大きく上回る629人の株主が出席した。

 前最高経営責任者(CEO)である瀬戸欣哉氏ら株主側が提案した取締役候補は8人全員が選ばれ、取締役全体(14人)の過半数を制した。総会後の取締役会で瀬戸氏はCEOに帰り咲いた。

 LIXILグループの経営混乱は2018年、母体企業のひとつである旧トステム創業家の潮田洋一郎氏が、「プロ経営者」として招いた瀬戸氏を解任し、自らがCEOに就いたことで顕在化した。英マラソン・アセット・マネジメントなど海外の4機関投資家が、この人事に対して「不可解」と異議を唱え、潮田氏らの取締役解任に向け、臨時株主総会の開催を求めた。

 潮田氏は先手を打って取締役とCEOの退任を表明。しかし、「院政」を敷くことを狙っていると疑いの目で見られた。

 潮田氏が、LIXILグループをMBO(経営陣が参加する買収)で非上場にしたうえで、本社をシンガポールに移転し、シンガポールで新規上場するという計画を立て、瀬戸氏がそれに反対した。そのため、潮田氏は瀬戸氏を追い出した、というのが対立の根本部分での図式とされる。

 潮田氏の支配体制の継続か、それとも“脱潮田体制”に変革するのか。これが株主総会の最大の争点だった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク