大富豪が少女わいせつ常習で次々逮捕…超セレブの“おぞましい手法”、政府要人と交流

 中国と米国で同時期に、ともに大富豪の会社経営者が児童わいせつ容疑で逮捕・起訴されるというショッキングな事件が明らかになった。

 新華社電によると、中国上海市の警察当局は12日、同市の不動産大手、新城控股の王振華・前会長(57)らを児童にわいせつな行為をした疑いで逮捕した。王氏は江蘇省人民代表大会(省議会)の代表(議員)を務めた共産党員で、労働者の模範として表彰されたこともあった。総資産は170億元(約2670億円)。

 報道によると、王氏は上海市内で知人女性に少女を誘うよう指示。この知人女性は「上海ディズニーランドに連れていってやる」などと少女に声をかけて、ディズニーランドで遊ばせた後、ホテルに連れてきて、王氏と会わせていた。

 今回の事件が発覚したのは、被害を受けた少女の母親が「王氏が娘にわいせつな行為をした」などと警察に告発したことからだが、報告を受けた上海市の中国共産党委員会宣伝部の幹部が上海市のメディアに対して「事件を報道しないように」と指示した疑惑が浮上。これが中国の会員制交流サイト(SNS)に暴露され、炎上する騒ぎとなり、市委員会の対応に反発が強まっていた。その後、上海市の警察当局は「徹底的に事件を調査する」と方針を転換し、事件が公にされている。

 上海市警察が王氏を逮捕したことを受けて、投資家は同社株を売り浴びせ、時価総額40億ドル(約4310億円)強が吹き飛んだといわれる。その後、新城控股も声明を発表し、王氏が会長職を辞任し、後任に息子の王暁松氏が就任することを明らかにしている。上海市政治協商会議も9日、会議を開き、王氏が務めていた市政協委員の役職をはく奪することを決定。中国メディアは12日、監獄内で囚人服姿の王氏の映像を公開しており、今後、余罪も含めて取り調べが始まるとみられる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年7月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「住宅」のニュース

次に読みたい関連記事「住宅」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。