「年1万5千円」NHK受信料の存廃、国民的議論免れず…N国党への支持高まりで

       

 21日に投開票された第25回参院選で、“諸派”の一つであった「NHKから国民を守る党」(N国党)が1議席を獲得し、政党要件を満たしたことが衝撃を呼んでいる。

「NHKをぶっ壊す」というキャッチフレーズを掲げるN国党の選挙公約は実質的にただ一つ、受信料制度に関する法律の制定・改廃の機会を国民に提供するというもの。具体的には、契約者のみがNHKを視聴できる「スクランブル放送」という仕組みの実現を目指している。放送法では「協会(編注:NHKを指す)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」と定められているが、これを「NHKを視聴したい人のみが契約する」「契約しない人は視聴できない」というかたちに変えようというのが、N国党の公約である。

「先の国会で改正放送法が成立し、NHKは19年度中にもインターネットでの常時同時配信を始めます。つまり、私たちは自宅にテレビがなくても、ネットにつながる携帯電話やパソコンを持っているだけで受信料を徴収されることになります。そうなると、NHKを視聴している人としていない人を判別するのは難しく、スクランブル放送の導入というのはあまり現実的とはいえません」(新聞記者)

 N国党の議席獲得を受けて、受信料支払いの義務が議論の的になりつつあるなか、30日、NHKは公式HP上に「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題する文書を掲載。「このところ、『NHKを見なければ受信契約はしなくていい、受信料は支払わなくてもいい』と発言する人たちがいます」「明らかな違法行為などについては、放置することなく、厳しく対処してまいります」と“警告”を行い、話題を呼んでいる。


ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「年1万5千円」NHK受信料の存廃、国民的議論免れず…N国党への支持高まりで」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    いい事言った!この党を批判したタレント!他党と合併して両党の政策をすりあわせればよい。多数派になり発言力を高め実現可能にする。発言したタレントはめでたくNHKにご出演なさればよい。めでたし、めでたし!

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月31日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。