服を片付けられない人は「掛ける」収納でお部屋スッキリ!超簡単ルール&コツ

 服を収納する方法は2つあります。ハンガーを使って「掛ける」収納と、引き出しなどにしまう「たたむ」収納です。服は、素材や形状によって「掛ける」か「たたむ」のどちらかに適しています。どちらで収納するか、その選択を誤ると、あまり収納できなかったり、出すときにシワになってしまったり、ということも。今回は「掛ける」と「たたむ」をうまく使い分けて、賢く服を収納する方法を紹介します。

片付けが苦手な人は「掛ける」収納を中心に

 外出から帰って、脱いだ服をソファやいす、ベッドの端などに置きっぱなしにしてしまう人。片付けが苦手な人は、そもそも「元の位置に戻すのが面倒」という人が多いです。この癖は簡単には直せないので、「戻すのが楽になる収納」にするのが一番です。戻すのが楽なのは……断然掛ける収納です。

 ハンガーに掛けてあるものを取り出し、帰ってきたらまた掛けて戻すだけなので、出しっぱなしにしにくく、服にシワもつきにくい。最近は干すときとクローゼットに掛けるとき、どちらにも使えるハンガーも出ているので、掛ける収納はより快適になっています。

 とても楽な半面、たたむよりは収納量が少なくなるというデメリットもあります。またハンガーパイプいっぱいにギュウギュウに掛けると、取り出しにくくなり、逆に戻すのが面倒になることも。掛ける服は、ハンガーパイプの7割までに抑えるのが理想です。

掛けるルールを決めるだけで戻すのも出すのも楽になる

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年8月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら