フジ『10の秘密』に「急に面白くなってきた」の声急増…“秘密の連鎖”で展開予測不能

 世帯視聴率は1話から8.9%、7.9%、6.7%と1ケタの上に右肩下がり(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の『10の秘密』(カンテレ、フジテレビ系)。

 しかし、秘密が連鎖し、先が読めないストーリーで、ネット上にはおおむね好意的な声が並び、3話終了後には「急におもしろくなってきた」という声が急増しているのも事実だ。

 つまり、より多くの人々に見てもらうことこそできていないが、「見ている人たちにはしっかり刺さっている」というタイプの作品なのだろう。今冬は事件や医療をモチーフにした作品が大半を占めるなか、『10の秘密』のようなオリジナルの長編ミステリーがまぶしく見えるのは当然なのかもしれない。

 これまでの物語を振り返りながら、当作の魅力と3話終盤の急展開を掘り下げていく。

必要以上の重さを感じない脚本・演出

 物語はシングルファザー・白河圭太(向井理)の娘・瞳(山田杏奈)が誘拐されるところからスタート。圭太は動揺しながらも犯人の指示に従い、元妻・仙台由貴子(仲間由紀恵)と連絡を取ろうとするが、彼女は姿を消していた。

 懸命に娘を探すなか、圭太はSNSにアップされていた由貴子のセレブ暮らしがすべて嘘で多額の借金を抱えていたこと、なんでも話せる間柄と思っていた瞳が学校や部活を休み、塾もやめていたことを知ってしまう。

 さらに、圭太が取引先からの賄賂を受け取ってしまったこと、由貴子が顧問弁護士をしていた帝東建設の不正、10年前に幼い瞳が大規模な火事を起こしていたことが明らかになった。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。