新型コロナウイルス、パン屋やスーパーの食品“裸売り”で感染の危険…食前に加熱必須

 新型コロナウイルスの影響で、マスクが爆発的に売れ、小売店では品切れ状態が続いている。皆、どうしてそんなにマスクが欲しいのかというと、飛沫感染を恐れているからだ。感染している人の咳やくしゃみ、唾などを介して飛び散ったウイルスが、口や鼻を通して体の中に侵入するのを防ぎたいという思いが強い。

 しかし、マスクをしていても飛沫感染を防ぐことができない場所が、もっと身近にある。それは、スーパーマーケットやベーカリー、デパ地下惣菜等のバラ売り(裸売り)だ。スーパーでは、揚げ物や焼き物、天ぷらなど、調理済みの加工食品がバラで売られている。ベーカリーでは、数多くの焼きたてパンがバラで売られている。

 こうした小売店では、不特定多数の客が数多く来店する。すべての人がマスクをしているわけではない。店内で咳き込む人、くしゃみをする人もいるだろう。そうした時に、陳列されている食品が飛沫感染する可能性もある。

 飛沫感染する可能性がある食品は、加工食品だけではない。野菜や魚などもバラで売られているものが多い。しかし、野菜は食べる前に洗うだろうし、バラで売られている魚のほとんどは加熱するか、洗う、ウロコを取る、さばく等の処理をするだろう。

 コロナウイルスに汚染された食品でも、各種病原菌と同じで、十分に、具体的には中心部を75℃で1分間以上加熱すれば安全だといわれているが、バラで売られている惣菜やパン類等は、購入後そのまま食べることが多い。惣菜は、電子レンジなどで加熱することもあるが、パン類は加熱しないこともあるだろう。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。