一斉休校で注目の「オンライン学習」で教育が激変…学習塾や大学でも映像授業化が加速

       

 全国の小・中学校や高校に一斉休校が要請されるという異例の事態で注目を集めたのが、自宅にいながらパソコンやスマートフォンで授業が受けられる「オンライン学習サービス」だ。学研などの教育系出版社や堀江貴文氏がかかわる「N高」など、学習動画を無償公開する事業者が続々と登場し、授業のライブ配信からアーカイブ動画、テキストのダウンロードまで、その内容は多岐に渡る。

 オンラインで受けられるサービスは、対面授業を代替し得るものなのか。塾や企業、学校などにeラーニングサービスを提供するデジタル・ナレッジ代表取締役COOの吉田自由児氏に、eラーニングの導入事例や今後の展望について聞いた。

令和の教育は「エドテック」が重要に

 吉田氏によれば、令和の教育を語る上で「EdTech(エドテック)」がキーワードになっているという。エドテックとは「Education(教育)」と「Technology(技術)」を組み合わせた造語で、AIや動画、オンライン会話などのデジタル技術を活用した教育技法を指す。

 エドテックが世界的な広がりを見せるなか、日本でも2018年1月に経済産業省が有識者会議を立ち上げ、学習用タブレットを生徒1人に1台ずつ配る施策を行うなど、デジタル学習を推進する動きが加速。従来、教育ベンチャーが自己発生的に扱っていたサービスが、国を挙げた教育改革に盛り込まれているのだ。

「学校教育の場においても、紙に代わってタブレットやPCベースの教育になりつつあります。また、今の子どもたちは動画で情報を得るのが当たり前の世代なので、今回の一斉休校でも、学校に通わずに受けられるエドテックサービスが受け入れられたのではないでしょうか」(吉田氏)


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。