コロナ禍で外食業界が壊滅のなか、マックとモスだけが大健闘している“不思議現象”

       

 新型コロナウイルス感染拡大に備える政府の危機感覚の鈍さは目を覆うばかりだ。緊急事態宣言をめぐり、休業を要請する事業者の線引きがあいまいだったため百貨店や外食業界などは振り回された。

 東京都は6日、休業要請の対象に百貨店や居酒屋を含む案をまとめていた。だが、政府は緊急事態宣言後2週間は自粛要請の見送りを求め、即時実施を図る都と調整が難航した。あえて休業を決断した百貨店の首脳を呼び出して非難するなど、耳を疑うようなことばかり。質屋、パチンコホールなどは自民党議員の強い要望を受けて対象外にした、といった話が永田町を闊歩している。安倍政権に、あまりに危機感がなさすぎる。

 都は4月10日、休業要請する業種や施設を発表した。国の意向を踏まえ、居酒屋を含む飲食店や百貨店の生活必需品売り場は休業対象から外したが、営業時間の短縮を求めた。大庄やワタミ、コロワイドなど外食大手は9日までに都の案に沿って、臨時休業を決めていた。店内飲食に加えて持ち帰り料理も手掛ける王将フードサービスや吉野家ホールディングス(HD)も、臨時休業や時間短縮を決めていた。

 都の要請が営業時間短縮と当初と変わったため、今後の対応を検討する必要があり、反発や戸惑いが広がった。冷蔵庫の食材をすでに処分しており、再開しようにも物流の調整・確保ができないからだ。居酒屋は通常、午後5時頃に店を開け、深夜まで営業してはじめて成り立つ商売だ。午後8時までで営業を終了するくらいなら、休業したほうがましという店も出てくるだろう。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。